オンブズマン委員会

This page is a translated version of the page Ombuds commission and the translation is 94% complete.
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Cymraeg • ‎Deutsch • ‎Deutsch (Sie-Form)‎ • ‎English • ‎Esperanto • ‎Lëtzebuergesch • ‎Nederlands • ‎Ripoarisch • ‎Scots • ‎Sunda • ‎Tagalog • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎Zazaki • ‎asturianu • ‎dansk • ‎español • ‎euskara • ‎français • ‎hrvatski • ‎italiano • ‎lietuvių • ‎magyar • ‎occitan • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎slovenčina • ‎suomi • ‎svenska • ‎čeština • ‎български • ‎русский • ‎українська • ‎հայերեն • ‎עברית • ‎العربية • ‎سنڌي • ‎فارسی • ‎پښتو • ‎नेपाली • ‎বাংলা • ‎தமிழ் • ‎తెలుగు • ‎മലയാളം • ‎ไทย • ‎မြန်မာဘာသာ • ‎中文 • ‎日本語 • ‎粵語 • ‎한국어
Ombuds Commission
Wikimedia Ombuds logo.svg
Activity reports

オンブズマン委員会は、理事会のためのウィキメディア・プロジェクトにおけるプライバシー・ポリシー非公開個人データへのアクセス方針チェックユーザーの方針、およびオーバーサイトの方針の侵害に関する苦情を調査する組織です。また、ローカルの利用者調査者または秘匿者のポリシーまたはガイドラインが、グローバル利用者調査者ポリシーおよび秘匿者ポリシーに準拠しているかどうかを調査します。

任務

公式な調査に加えて、告訴人と被告(通常はCheckUser秘匿者ビューロクラット管理者arbitration committeeの委員)との間の争いを仲裁します。法的な必要性があれば、オンブズマンは事案の取扱いに関して、主任顧問弁護士、事務長、理事会を支援します。

事案が訴訟に傾いている場合、オンブズマンはチェックユーザー等に財団のプライバシー方針を指導する役目を担います。プライバシー方針、非公開情報アクセス方針、チェックユーザ方針、もしくはオーバーサイト方針の不履行があった場合は、オンブズマン委員会は事務長又は定められた職員に対してその事態を報告し、一連の対処法(たとえばツール利用権限の除去)を進言すべきです。加えて、委員会は方針やソフトウェアの変更を提案することがあります。

中立性

オンブズマンはオンブズマン自身が定める公正かつ公平なやり方で調査を行うべきです。一般的には、できるだけ利害の衝突を避けるというのが最善の指針です。とくに、オンブズマンは関心の衝突の予防を目指し、特にチェックユーザーもしくはオーバサイトの権限の恒常的な利用を避けることと、オンブズマン自身が多く活動するプロジェクトでの案件を処理しないことが望まれます。とはいえ、委員会に届く案件は明確に区別できません。また、様々なプロジェクトの言語と文化が外部の人間に対する障壁となることがあります。そのため、委員会がどのように申し立てを調査するかは、任命された委員の判断に委ねられています。

構成員

オンブズマン委員会の委員は、ウィキメディア財団役員によってウィキメディア・コミュニティの中から選ばれます。毎年12月初旬にウィキメディアのメーリングリストならびにこのページの会話ページ、さらに必要に応じて他のプロジェクトのフォーラムを介して候補者を募集します。オンブズマンの任期は (本人が同意した場合) およそ1年です。オンブズマンは現実の身元を財団の法律顧問に開示しなければなりません。投票権のない1年任期の代理委員が、翌年に正委員として着任する前提で任命されることもあります。

付与権限

⧼group-Ombudsmen⧽は、特にグローバルにおいて以下のような権限を有しています。

  • Search deleted pages (browsearchive)
  • Check users' IP addresses and other information (checkuser)
  • View the checkuser log (checkuser-log)
  • View deleted history entries, without their associated text (deletedhistory)
  • View deleted text and changes between deleted revisions (deletedtext)
  • View private logs (suppressionlog)
  • View revisions hidden from any user (viewsuppressed)

現在の委員

自動生成リストも参照下さい(任期は2月 2021まで)。

For the prior membership, see Ombuds commission/History.

申立の提出

オンブズマンへの要請は以下のメールアドレスでも受け付けています (委員のうち少なくとも1人が理解できる言語で書いてください):

cu-ombuds-l lists wikimedia org

委員会に調査の申立を提出する際には以下のガイドラインに従ってください:

  1. 簡潔に。 不必要な情報を多く含む長文のメールでは、委員会が素早く申立を処理することが難しくなってしまいます。
  2. 客観的に。 推測や主観的判断に基づいた依頼をすることは避けてください。
  3. "証拠を添えて" ページの差分やパーマネント・リンクを示してください。
  4. 明確に。 方針のどの部分に違反するのか明確にしてください。
  5. あなたのウィキに裁定委員会(や同様のもの)があるかどうか、あるならばオンブズマン委員会に依頼する前に裁定委員会に接触をしたかどうか(もしくはあなたのウィキで慣例の紛争解決の手続きをとったかどうか)を私達に教えてください。適切であれば、関連するページヘのリンクもつけてください。

処理/報告

提出された案件は以下のように処理されます:

  1. 依頼の確認:依頼者に確認通知を送り、必要な場合は追加情報を求めます。
  2. 適合性:依頼がオンブズマン委員会の役割に適合する場合、調査をします。そうでない場合、依頼を却下し、個別の問題への助言を受けるのにより適した場所を申立者に案内します。
  3. 調査:プライバシーポリシーの違反もしくはグローバル方針とローカル方針に不整合や矛盾があったかどうかを調べるため、あらゆる必要な事柄を実施します。
  4. 結果:調査結果を依頼者に送ります。プライバシーポリシーへの違反が実際にあった場合には、調査対象者および必要な場合に理事会宛に報告します。必要な場合には、違反をした利用者のCUまたはスチュワードの権限を除去するよう進言します。

委員会の活動報告

活動:

 4月– not available.

関連項目