Open main menu

コミュニケーション委員会

This page is a translated version of the page Communications committee and the translation is 100% complete.

Other languages:
British English • ‎Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎Türkçe • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎magyar • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎العربية • ‎नेपाली • ‎मैथिली • ‎हिन्दी • ‎中文 • ‎日本語
コミュニケーション委員会の会合 (ウィキマニア2012)

コミュニケーション委員会 (ComCom) はウィキメディア財団の職員がコミュニティのボランティアをまとめ、ウィキメディアのプロジェクトあるいは運動の提携団体と意思疎通の努力を進めています。

この委員会の目的はウィキメディア運動のグローバルなコミュニケーションの努力を補助し協力することです。世界の皆さんや報道機関やウィキメディア運動と意思疎通することを含みます。ウィキメディア運動に関わる情報を支持したり作ったり分け合う手伝いをする助言者の役割を引き受けます。委員会の第1の連絡手段には非公開のメーリングリストを使います: wmfcc-l(_AT_)lists.wikimedia.org

委員会はウィキメディア財団が置く複数の委員会のひとつであり、財団の Chief Creative Officer とコミュニケーション部門の下で活動する常駐の委員会として指定を受けます。部門内の委員会担当はGregory Varnum です (gvarnum(_AT_)wikimedia.org)。

メンバー

コミュニケーション委員会はウィキメディア運動のコミュニケーション活動に実際に関与するボランティアと提携団体職員から構成されます。任期は3年間で定員は10-15名です。初回の委員会はコミュニケーション部門が選出します。追加ならびに将来の委員はコミュニケーション部門の支援を受けて委員会により選定されます。

2019年3月から4月17日にかけて委員の募集をかけました。これが最新の更新情報です。

委員
名前 提携団体 備考
(Membership unknown.)
助言者
名前 提携団体 備考
Gregory Varnum [GVarnum-WMF] Wikimedia Foundation List moderator and primary group contact from Wikimedia Foundation
Samantha Lien [SLien (WMF)] Wikimedia Foundation List moderator
Heather Walls [Heather (WMF)] Wikimedia Foundation Chief Creative Officer
ウィキメディア財団コミュニケーションチーム
名前 提携団体 備考
Samir Elsharbaty [Selsharbaty (WMF)] Wikimedia Foundation
Ed Erhart [Ed Erhart (WMF)] Wikimedia Foundation
Blanca Flores [BFlores (WMF)] Wikimedia Foundation
Nadee Gunasena [NGunasena (WMF)] Wikimedia Foundation
Aubrie Johnson [AJohnson (WMF)] Wikimedia Foundation
Zachary McCune [ZMcCune (WMF)] Wikimedia Foundation
Adora Svitak [ASvitak (WMF)] Wikimedia Foundation
Lena Traer [LTraer (WMF)] Wikimedia Foundation
Jessica DelVirginia Minassian Media
Jove Oliver Minassian Media

機能

コミュニケーション委員会は職員常駐の委員会として、第一にウィキメディア運動のコミュニケーションに関わるすべての努力について財団の当該部と協働します。その役務は以下を含みます。

  • プロジェクトならびに提携団体のコミュニケーション機能の支援 - 具体的にはローカルコミュニケーション活動案関連の提案の共有、SNS活用の最善手法の共有、新規のコミュニケーション課題に関する意見と提案の収集。
  • ウィキメディア財団コミュニケーション部の業務、具体的には下記の項目に関する助言を行うこと。
    • コミュニケーション情報センター Communications Resource Center を含む能力開発の情報源を開発すること
    • アウトリーチ事業として開発途上国ならびに新しい読者に働きかけること
    • SNSおよびウィキメディア・ブログ関連の監督
    • ウィキメディア財団、ウィキメディアのプロジェクト群およびウィキメディア運動のメッセージ受発信
    • ウィキメディアのブランド開発
  • ウィキメディア運動コミュニケーショングループ Movement communications group の掌握と指導。

行動規範

本委員会内部およびその名の下に行われるやり取りとコミュニケーションはすべて、グループのメーリングリスト上を含めウィキメディア財団の友好的であるべき空間の方針に従うこととします。この方針を遵守できない場合、ウィキメディア財団により委員会から除籍されることがあります。

委員にはさらに、ウィキメディア運動の趣旨にかなう言動が求められます。ブロックあるいはコミュニティが課す制裁を受けた場合はウィキメディア財団により委員会から除籍される場合があります。

広報の方法

メーリングリスト

詳細: mail:wmfcc-l

現在、委員会は主として非公開のメーリングリストによって連絡をしています。

ウィキメディアのコミュニケーション委員会メーリングリストは委員相互とウィキメディア財団コミュニケーション部門との協議と打ち合わせに使います。

参加をご希望の方はメーリングリストのメインページに登録をお願いします。

資料

本委員会は非公開のメーリングリストを使い、報道発表と対応を協議します。委員会が用いる情報源は他に以下のものが含まれます。

  • 一般的なコミュニケーション情報源としてコミュニケーション情報センター Communications Resource Center に保持
  • OTRS を介する記者発表と翻訳待ち資料
  • wikimedia.de を利用した記者発表資料の配布と保管用ソフトウェア

経緯

この委員会はウィキメディア財団理事会決議に従い2006年1月に設立を認可され、初代委員は同年2月に承認を受けています。ウィキメディア財団のほとんどのコミュニケーション活動は程度の多寡はあるものの、この委員会が掌握します。発足時にチャットルームでミーティングを開き、議事録は保存されています

2009年1月に委員会を職員常駐の委員会に指定 (a staff committee)、業務の大部分を現在のウィキメディア財団コミュニケーション部に代行させることとしました。

財団のコミュニケーション部は2019年3月に委員会に新規格を導入、従来の少人数制に立ち返りました。当時はメーリングリスト登録が200件超であり、使途を変更してウィキメディア運動コミュニケーション・グループ (Movement communications group) として再編されています。

2019年3月現在、この委員会からコミュニケーション部門に対して運動に関する情報伝達の努力に関する助言と調整を行い、ウィキメディア財団内部の連絡も対象にします。委員会は主に「コミュ委員会」メーリングリストを連絡手段にします。

活動の範囲規定

活動の範囲と責任領域の当時の規定 (現在は適用外) は2006年5月決議において理事会の承認を受けました。

  • 報道機関に対して、記者発表や取材、問い合わせを含む情報流通を扱います。
  • ウィキメディア財団とプロジェクト・コミュニティ、中でも ウィキメディア国別協会の広報担当者との

の意思疎通を補佐する。

小委員会

メインページ: Communications committee/Subcommittees

以前はコミュニケーション小委員会を作ってタスクや需要に応じていました。それも2009年までで、委員会が仮の組織から常駐に変わり、作業の大部分はコミュニケーション部門に委任されたからです。

関連項目