助成金:委員会

This page is a translated version of the page Grants:Committees and the translation is 100% complete.
委員会

ウィキメディア財団の助成金プログラムは、ボランティア委員会が申請者に指導と支援を提供し、資金の分配方法について決定します。運動戦略の提言に基づき、各地域のコミュニティとテーマ別の専門家が中心となり、特定の種類の取り組みに対する優先順位の設定と資金配分を行えるような委員会を整備しています。このプロセスでは、既存の専門知識や新しいアイデア、ローカルに必要なスキルや状況を認識することで、大きなメリットを得ています。

地域単位の委員会

新戦略の重要なポイントのひとつは、ローカルコミュニティが、ローカルの優先事項の設定、特定のタイプの取り組みへの資金配分、関連組織の関与の確保について、より責任とオーナーシップを持てるようにすることです。このプロセスは、既存の専門知識、新しいアイデア、ローカルコミュニティに必要なスキルの認識に益するものです。

まず、参加型プロセスを主導する7つの地域委員会を設立します。委員会の詳細については、こちらをご覧ください。各地域の委員会の詳細については、以下のリンクを参照してください。:

グローバルプロジェクトや特定のテーマ別プロジェクトを評価するために、地域単位の委員会の内部アドホック委員会または小委員会を設け、適切な専門知識をもって、地域識別要素に当てはまらない提案について議論することを提案します。

報酬および福利厚生

  • 報酬: 地域単位委員会のメンバーは、参加にかかる費用のために、2ヶ月ごとに100ドルを受け取ることができます。保育料、インターネット代、交通費、その他ボランティア活動を可能にする費用に充当してください。
  • 能力開発の機会:地域単位委員会の委員には能力開発の機会への参加が認められ、主題は紛争の転換※1や平和的手段による意思疎通※2

の研修などを含む見込みです。作業部会の活動を通して、参加者の協働の各種プロセスについても(実地で)学ぶ予定です。(※:1=conflict transformation。2=nonviolent communication。)

その他の委員会

コミュニティ資源チームはまた、ウィキメディア研究・技術基金の両方のための委員会を設立する予定です。この2つのプログラム委員会は、それぞれの地域に基づく申請書を審査する際に、地域単位委員会と協調して機能することになります。 より詳細な情報は、これら二つの基金の発足が近づくにつれ、提供されることになります。

関連項目