Open main menu
This page is a translated version of the page User groups and the translation is 100% complete.

Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Bahasa Melayu • ‎Basa Banyumasan • ‎British English • ‎Deutsch • ‎English • ‎Lëtzebuergesch • ‎Nederlands • ‎Ripoarisch • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎Zazaki • ‎dansk • ‎eesti • ‎español • ‎español de América Latina • ‎euskara • ‎français • ‎galego • ‎hrvatski • ‎italiano • ‎kurdî • ‎magyar • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎sicilianu • ‎Ελληνικά • ‎български • ‎македонски • ‎русский • ‎татарча • ‎татарча/tatarça • ‎українська • ‎հայերեն • ‎עברית • ‎اردو • ‎العربية • ‎سنڌي • ‎فارسی • ‎پښتو • ‎नेपाली • ‎मराठी • ‎हिन्दी • ‎ਪੰਜਾਬੀ • ‎മലയാളം • ‎ไทย • ‎မြန်မာဘာသာ • ‎ქართული • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어

以下はウィキメディア財団のプロジェクト群における利用者グループの一覧です。おおまかに、行使できる権限の多い方から順に並べてあります。この順序は厳密な意味での「権力(power)」の大きさに直接関係しているのではなく、メディアウィキソフトウェアにおける技術的な権限レベルを反映しているにすぎません。技術的権限はすべてのプロジェクトで同等ですが、特定種類の定義と役割はウィキによって異なることを認識してください。

ローカルグループ

ここに利用者グループの一覧を、行使できる権限の多い方から順にしめします。

グローバル利用者グループ

グローバル権限グローバル・グループおよびグローバル権限も参照してください

グローバルボット

グローバルボットが有効なすべてのウィキでグローバルボットのボットアクセスがあります (これはローカルポリシーによって明示的に許可されなければならない; 許可するウィキの一覧はこちら)。グローバルボットにはボットの方針が適用され、ボットを用いるタスクを限定します。

あわせて参照:

グローバルロールバック

グローバルロールバックを持つ利用者は、特定の利用者による一連の編集をクリックひとつで元に戻すことができ、主に荒らしやナンセンスが対象です。利用者のアクセスには、複数のウィキにわたって明らかに荒らし行為と無縁でなければいけません。

以下も参照:

グローバル管理者

グローバル管理者は、主として、ローカルの管理者に欠員を生じている複数の小規模ウィキにおいて、荒らし行為に対処するために管理者権限を持つ利用者です。SRGP(権限の承認申請の審査 Steward requests/Global permissions)での時間を掛けた議論を経て任命されます。

以下も参照:

OTRS メンバー

OTRS メンバーはウィキメディア OTRS システムの許諾キューにアクセス権がある利用者です。グローバルグループは主に識別目的で使用され、多要素認証を有効にすることが唯一、利用者権限として伴います

スタッフ

「スタッフ」グループは、ウィキメディア財団の有給の職員の一部に割り当てられています。このグループは、主に技術的/法的な目的のため特別なアクセス権を持っています。

背景

ウィキメディア財団はこの非常に特殊なツールの拡散を最小限に抑えるため、だれが職員利用者グループのメンバーか、常に評価しています。職員グループのメンバーの身分は、職員のニーズに合ったより限定されたツールが利用可能な場合、一定期間、職員の権限が必要ないと予想される場合、または リスク評価中に誘因となる場合、常に再評価されます。これらの再評価は、良いセキュリティ実践の一環です。

従来、職員の権限を誰が持ち誰が持たないかは、これらの権限を担当した職員に依頼するかどうかで決まり、どちらかというと恣意的でした。このプロセスはその後、職員の権限の濫用または誤用から保護するために文書化されています。職員の権限を得るために必要な第2レベルのサインオフ(部門内の新入従業員はディレクターレベルのサインオフ、新任マネージャーはCレベルのサインオフ)とは正式なユースケースの書面でファイルに保管した上で定期的に見直し、ユースケースが依然として満たされているかどうかの判断は、職員の権限の割り当て、ユースケースの適切かつ不適切な使用を説明する簡単なトレーニングセッション、および職員の権限に付随する権利と責任の承認(書面による)に基づきます。

以前は乱用や誤用に対する保護策はほとんどありませんでした。今日、システムには数多くの抑制と均衡の方策が組み込まれています。たとえば英語版ウィキペディアでは、監査小委員会がログに記録されたすべてのアクションを審査し、疑わしいアクションについてMaggieJames (権利の譲渡を担当する財団職員) と検討してポリシーに反しないかどうか確認します。同等の小委員会が存在しない他のウィキでは、 Support and Safety (SuSa 支援・安全) チームが職員の行動を監査し審査します。その結果、時には職員が懲戒処分を受けたことがあります。これらは名目ばかりの保護策ではありません。

人員配置

職員の権限はDirector of Support and SafetyManager of Trust and Safety 並びに職員権限を要求する職員の、第二階の上司であるウィキメディア財団の管理職が管理します。

ウィキメディアのスチュワードおよび職員はDirector of Support and Safetyの主任管理者 Lead Manager もしくはその委嘱を受けた者の求めに応じて、職員のグローバル利用者グループについて権限を与えまた剥奪し(以前のリンク)、あるいは職員のグローバル利用者グループの利用者アカウントを与えまた剥奪します。コミュニティの合意事項の実証、または上記の要件(サインオフを含む)の証明は要件ではありません。

ウィキメディア財団職員に割り当てた高度な権限の理論的根拠と責任は、現在、[ロックされたGoogleスプレッドシートに記録]してあります。WMF Advanced Permissionsにそのページのミラーがあります。

権限

この表は、スタッフの利用者権限と、なぜこれらの権限が必要なのかを説明した一覧です。

利用者の権限 目的
autoconfirmed ...
autopatrol ...
bigdelete At times, the SuSa or technical team need the ability to delete pages with a high number of revisions for technical reasons, or for legal compliance reasons.
browsearchive ...
centralauth-merge ...
centralauth-unmerge ...
centralnotice-admin ...
checkuser The SuSa team uses this right for legal compliance (subpoena, etc.) and safety reasons (investigations of threats)
checkuser-log The SuSa team uses this right for legal compliance (subpoena, etc.) and safety reasons (investigations of threats)
delete The SuSa team uses this right for legal compliance and copyright purposes.
deletedhistory The SuSa team uses this right for legal compliance and copyright purposes.
deletedtext The SuSa team uses this right for legal compliance and copyright purposes.
deletelogentry The SuSa team uses this right for legal compliance purposes.
deleterevision The SuSa team uses this right for legal compliance and copyright purposes.
edit ...
editinterface The SuSa team uses this right for legal compliance and copyright purposes (i.e., to change the copyright notices, etc.). Other staff members use it to support the development of other projects and technical initiatives.
editusercss This was done for a couple of reasons.

First, we have had times when we saw a user insert some code in their own user.js and user.css files that really shouldn't be there, and then propagate that code out to the wikis by adding a transclusion from their own user files to, for instance, Mediawiki:Common.js of a smaller wiki, and thereby add google tracking code, for instance. This allows staff to easily (and in a logged fashion) remove such code.

Second, in order to include a script for those users who hold staff rights which colors red the interface buttons for things that they really shouldn't touch without a REALLY good reason (i.e., the execute checkuser button). You can see that script in my own user.js file. This is a reminder for new staff who didn't come from the community that these are specialized rights, and not everyone has access to them, and serves as a mental "speedbump" against using them.

editusercssjs
edituserjs
globalblock ...
globalblock-exempt ...
globalblock-whitelist ...
globalunblock ...
hiderevision ...
hideuser ...
import ...
importupload ...
ipblock-exempt ...
moodbar-admin ...
move ...
move-rootuserpages ...
move-subpages ...
movefile ...
noratelimit ...
nuke ...
override-antispoof ...
oversight ...
prefstats ...
protect ...
purge ...
reupload ...
reupload-shared ...
superprotect ...
suppressionlog ...
suppressredirect ...
suppressrevision ...
tboverride ...
tboverride-account ...
transcode-reset ...
transcode-status ...
uboverride ...
unblockself ...
undelete ...
unwatchedpages ...
upload ...
upload_by_url ...

スチュワード

スチュワードはウィキのインターフェイスに完全なアクセス権があり、コミュニティの合意形成の技術的な実施、緊急事態への対処及び複数のウィキにまたがる破壊行為への介入を行います。スチュワードはすべてのウィキから候補を募集し毎年改選されます。

以下も参照:

特別なグローバル権限


注記

  • Tool Labs - 利用者権限(すべてのウィキに存在するとは限らない)を閲覧できます (関連ウィキ併記)。

関連項目