Open main menu

Meta:大量処理フラグ

This page is a translated version of the page Meta:Flood flag and the translation is 100% complete.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Nederlands • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎lietuvių • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎română • ‎srpskohrvatski / српскохрватски • ‎русский • ‎українська • ‎ئۇيغۇرچە • ‎العربية • ‎فارسی • ‎डोटेली • ‎नेपाली • ‎भोजपुरी • ‎मराठी • ‎मैथिली • ‎हिन्दी • ‎বাংলা • ‎ไทย • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어
方針とガイドライン 大量処理フラグ(flood flag)
メタウィキの管理者は、 議論が不要な繰り返し編集や権限行使を行う際に、特別:最近の更新や関連ページが氾濫(flooding)することを避けるために、一時的に自身に対し "大量処理フラグ(flood flag)"を与えることができます。

大量処理フラグを使用する状況とは

管理者は、繰り返し処理を行う際に、最近の更新 (RC) から他の編集や措置を押し流してしまわないように、flood flag を用いるべきです。そのような行動は論争を呼ぶようなものであってはなりませんーflood flagの利用は、受けるべき監視の量を減じるのですから。flood flagの濫用は、他の管理者権限の濫用と同等に扱われます。許容される利用方法の例としては・・・スパムボットで作成されたページの大量削除、削除依頼で合意形成された大量削除、あるいはオープン・プロクシの大量ブロックなどです。許容されない利用には、管理者としての行動であるなしにかかわらず、論争を呼ぶような編集について適切な監視を避けること、があります。

攻撃的あるいは名誉毀損的な利用者名を大量に処置する場合にも、flood flagを適用したほうがよいかもしれません(たとえば、ビューロクラットによる利用者名変更、スチュワードによるグローバルアカウントのロックや秘匿、管理者によるローカルでのブロック、など)。

場合によっては、管理者の編集が最近の更新に表示されるように、ビューロクラットがflood flagを除去するかも知れません。管理者が自分でflood flagを除去し忘れている場合や、最近の更新に表示されるべき変更である場合などです。

Flood flagはSpecial:UserRightsで付与・除去されます。

濫用される可能性がある?

この提案には現状では、管理者が濫用する余地があるという問題があります。ある管理者が論争を呼ぶような編集や措置を行うときに、新しい編集が表示観察される「最近の更新」で見つかったり監視されたりしないように、flood flagに切り替えることが可能になります。

しかしながら、管理者はすでにページ削除、利用者ブロック、削除されたページ閲覧、などが可能な権限を信託されていることをわすれてはなりません。結局、この追加機能は、管理者がすでに得ている以上の信任を要するものではないということです。

flood flagの付与は、ログ記録 と  最近の更新に表示されます。 権限(flood flag含む)を濫用する管理者は、制裁を受けるべきです。

大量処理フラグかボット・フラグか

この機能は、ボットフラグをビューロクラットに一時的に申請するかわりとなるよう意図されています。 管理者は、ボットフラグを一時的に申請するかわりに、自分で自分にflood権限を付与すればすみます。

恒常的にボットflagを使用するケースは現状通りですー管理者はサブアカウントを作成して通常通りにボットフラグを申請すべきです。flood flagで置き換えられるのは、一時的なボットflagだけです。

関連項目