Open main menu

グローバルロールバック

This page is a translated version of the page Global rollback and the translation is 100% complete.
Other languages:
Afrikaans • ‎Bahasa Indonesia • ‎Bahasa Melayu • ‎British English • ‎Canadian English • ‎Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎Lëtzebuergesch • ‎Nederlands • ‎Ripoarisch • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎azərbaycanca • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎galego • ‎italiano • ‎magyar • ‎norsk bokmål • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎suomi • ‎svenska • ‎tarandíne • ‎čeština • ‎Ελληνικά • ‎македонски • ‎русский • ‎українська • ‎հայերեն • ‎العربية • ‎سنڌي • ‎فارسی • ‎پښتو • ‎नेपाली • ‎भोजपुरी • ‎मराठी • ‎मैथिली • ‎हिन्दी • ‎বাংলা • ‎മലയാളം • ‎ไทย • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어
方針とガイドライン グローバル管理者の方針と情報
このページでは、グローバル・ロールバック権限の使用や、グローバル利用者グループ「グローバル巻き戻し者」に割り当てられたその他の利用者権限に関連した、規範やガイドラインの概要を述べています。
Meta-Wiki Global rollback-2000px.png

グローバル・ロールバック (Global rollback) は、信頼できる利用者に対してスチュワードにより付与される利用者グループであり、すべてのウィキメディアプロジェクト上で荒らしや悪戯などの非生産的編集を、簡単に巻き戻し(ロールバック; rollback)できる機能です。

グローバル巻き戻し者 (グローバル・ロールバッカー) になる利用者は、複数のプロジェクトで荒らしやスパムに対して活動しており (例えば小規模ウィキ監視チームアクティブなメンバーとして活動しているなど)、多くのプロジェクトで差し戻しをたくさん行っている必要があります。そのような利用者はSteward requests/Global permissionsにおいて、その実績を明示し、グローバル・ロールバック権限の付与を求めることができます。

過去2年間ウィキメディアプロジェクトで活動記録の無いグローバル巻き戻し者の権限はアクティブでないとして除去する必要があります。

ガイドライン

ロールバックの利用は、各プロジェクトに方針がある場合、まずそれに従います。

ロールバックはワンクリックで、あるページの、ある利用者の最後の編集を取り消すことができる機能です。このツールの第一義は、悪意のある編集を簡単に差し戻すことです。機能的にはどのような編集内容に対しても利用できますが、正当な編集に対して用いてしまうと、差し戻された利用者を攻撃することにもなります。利用者は正当な編集や不確かな編集に対してはできる限りロールバックを使うべきではありません。ロールバックを編集合戦の道具としてはなりません。

利用者権限

global-rollbackerグループに付与されている現在の権限
番号 権限 説明 備考
1 autoconfirmed IPベースの速度制限を受けない 通常、自動承認された利用者権限に附属
2 editsemiprotected 「Allow only autoconfirmed users」の保護を設定されたページを編集
3 skipcaptcha CAPTCHAが必要な場面でCAPTCHAをスキップして操作を実行
4 move ページを移動
5 movestable 公開されたページを移動
6 rollback 特定ページを最後に編集した利用者の編集を即時巻き戻し ローカルに方針がある場合はそちらに従い、ない場合は管理者グループ
7 abusefilter-log-detail 不正利用記録の詳細項目を閲覧
8 autoreviewrestore 巻き戻し時に自動査読
9 autopatrol 自身の編集を自動で巡回済みにする
10 noratelimit 速度制限を受けない 通常、管理者ボットの権限に附属
11 suppressredirect 転送ページを作成せずにページを移動
12 markbotedits 巻き戻しをボットの編集として扱う

グローバル・ロールバック権限を持つ利用者

関連項目