Open main menu

Fundraising 2012/Translation/AdrianneW Appeal

This page is a translated version of the page Fundraising 2012/Translation/AdrianneW Appeal and the translation is 100% complete.

Other languages:
Afrikaans • ‎Bahasa Indonesia • ‎Bahasa Melayu • ‎Boarisch • ‎Deutsch • ‎Deutsch (Sie-Form)‎ • ‎English • ‎Malagasy • ‎Minangkabau • ‎Nederlands • ‎Piemontèis • ‎Sesotho sa Leboa • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎Yorùbá • ‎azərbaycanca • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎euskara • ‎français • ‎galego • ‎hrvatski • ‎italiano • ‎magyar • ‎norsk bokmål • ‎occitan • ‎oʻzbekcha/ўзбекча • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎slovenčina • ‎slovenščina • ‎srpski (latinica)‎ • ‎suomi • ‎svenska • ‎čeština • ‎Ελληνικά • ‎беларуская • ‎беларуская (тарашкевіца)‎ • ‎български • ‎македонски • ‎русский • ‎саха тыла • ‎українська • ‎ייִדיש • ‎עברית • ‎اردو • ‎العربية • ‎فارسی • ‎پنجابی • ‎پښتو • ‎کوردی • ‎हिन्दी • ‎বাংলা • ‎ਪੰਜਾਬੀ • ‎தமிழ் • ‎తెలుగు • ‎ಕನ್ನಡ • ‎മലയാളം • ‎සිංහල • ‎ไทย • ‎မြန်မာဘာသာ • ‎ქართული • ‎中文 • ‎日本語

1

その小説は巨編だったので永遠に終わらないかと思えましたが、私はこの作品を大好きになりました。5年生のとき、私たちは好きなテーマを自分が選んでほかのクラスメイトに教えることになりました。私は19世紀の文学について説明したのです。

もうお気づきかも知れませんね。現在、私は英語の教員をしています。ウィキペディアにも寄稿し『フランケンシュタイン』を著したメアリー・シェリー、『高慢と偏見』のジェーン・オースティンなどの作家の記事を編集しています。

私のウィキペディアでの成果は、単に情報を追加しただけというわけではありません。私のここでの役割も、教師でした。ウィキペディアを通じて、私は活動を教室の中をはるかに超える遠い場所に広げることができます。先月だけでも、ジェイン・オースティンの記事は11万5000回以上もアクセスされました。

私の大学では、さまざまな良質の資料を利用できます。しかしそれは、誰もができることではありません。有料という壁に阻まれているからです。ウィキペディアを編集することで、このような不公平を是正することができます。

私は学ぶことが大好きです。いつも学び続けてきました。だからこそ、誰にでも、学ぶ機会が与えられなければならないと強く信じています。

ご賛同いただけたでしょうか。私と一緒に、ウィキペディアを支えてくださいませんか?

Bio

エイドリアンヌは18世紀の英文学を専門にしている。 Digital Learning and Researchの博士研究員として、大学教員の授業におけるウィキペディア利用を支援している。