運動憲章

This page is a translated version of the page Movement Charter and the translation is 98% complete.

運動憲章とは、ウィキメディア運動に関与するすべての参加者ならびに団体の役割分担と責任範囲を定義する文書です。これにはウィキメディア運動を管理するグローバル評議会の新設を準備することも含まれます。運動憲章は運動戦略の優先事項です[1]。その適用には広く承認のプロセスが必要とされます。

The Movement Charter Drafting Committee explains: what is the purpose of a 'movement charter'?
Android Emoji 1f4f0.svg Latest news about the Movement Charter (Contribute!)


概要

グローバル評議会の責任において、運動組織に憲章を守らせること。

日程

こちらは暫定的なスケジュールです。運動憲章の作成に関わる大まかなステップを記載していますが、後で日付は変更される可能性があります。特に、コミュニティやその他の利害関係者と相談する際、時間を制限するのは困難です。手続きを性急に進めるのを防ぐため、変更が行われる可能性があります。

期間 ステップ
2021年11月-2022年1月
  • 支援システムと起草グループの内部過程を設定する
  • 調査と情報収集を行う
2022年2月-10月
  • 調査と情報収集を行う
  • すべての利害関係者との会話を介して憲章の内容の最初の草稿を作成する
2022年11月-2023年1月 すべての利害関係者に査読と修正を呼びかける
2023年2月-5月 フィードバックを反映し、MCDCテキストの改訂を行う
2023年6月-8月 すべての利害関係者による査読
すべてが順調であれば、承認のステップに移行できます。そうでない場合は、テキストの修正に3か月、査読などのために2か月の別のサイクルを加えます。
2023年9月-12月 運動憲章の承認プロセス
2024年1月-3月 次代の管理機構を準備するための対話
2024年4月-6月 次代の管理機構の準備と選任過程


選考過程

運動憲章には下記の主要な3つの段階を設けます。

  • 憲章作成のために働く人々を選定 (起草グループ)
  • 憲章の内容を明確にし、進展させる (憲章の内容)
  • 合意形成と承認の方法をいくつか定義する (承認)

関連資料

脚注