This page is a translated version of the page Hubs and the translation is 71% complete.
Android Emoji 1f4f0.svg ハブ関連の情報更新 (貢献する!)



ハブ (Hubs) とはウィキメディア運動における組織の単位を指し、ボランティアのコミュニティ単体を超えた支援を実施します。これは運動戦略勧告 (Movement Strategy recommendations) に提示されたイニシアチブ (initiatives) のひとつに数えられます。ハブの基本構想は権限の共有、意思決定をもっと多く該当するコミュニティに近づけたいという希望に応えるものです。さらに当該の地域もしくはテーマと結びつき、現行のウィキメディア財団に集約したモデルよりも、効率的に進むことを期待されています。

ただいまのところは「ハブ」の定義、役割分担、責任範囲 (roles and responsibilities) は明文化していません。各ハブの役割分担と責任範囲は策定中の運動憲章 (Movement Charter) に規定されます。同憲章の草案は近々、目に見える形になるはずで、前述の役割分担と責任範囲は今も協議が続いています。またいくつものハブのプロジェクトに関する調査や協議、準備も進行中です。

ハブとは地域ごと (地理的な地域つまり東ヨーロッパ中部など) でありテーマ別でもあると想定されます。既存の実態の増強、国・地域別協会間の連携、あるいは特定の目的のために新設した構造が考えられます。実権配分の法則 (subsidiarity principle) に準拠し、ハブの出現は「その対象となるコミュニティや組織の需要を特定し提唱する」ものであることが期待されます。

ハブは、そのニーズ、成熟度、リソースに応じ、いくつかの役割を果たすことが期待されています。考えられる役割としては、法的支援、資金配分(助成金創出)、能力開発、グループ間調整、技術開発、指導、評価サービスなどです。一部の役割(資金調達など)には、法人の設立が必要となる場合があります。また、法人格を持たず、完全にボランティアベースのハブが果たすべき役割もあります。

種類

ハブとは (動画)

地域型ハブ

地域型ハブ (Regional hubs) の主題は特定の地域に焦点を当てて支援し、活動やツール、情報を前後関係に結びつけることにあります。(ウィキメディア運動戦略の) 勧告には「資源配分を的確に行い、これらは提携組織が共同で進める技能開発や知識の伝播、調整を強化する」ものとなるはずです。

テーマ別ハブ

テーマ別ハブは、グローバルでのテーマ別分野を支援することに重点を置いています。テーマ別ハブは勧告の中で「共通の目標が調整された解決策から恩恵を受けるような、運動全体の専門化と作業を可能にする」ものと説明されています。テーマ別トピックはまた、勧告の中で「専門分野」をカバーするものとして定義されており、その例として「アドボカシー、能力開発、パートナーシップ、リサーチなど」が挙げられています。

言語型ハブ

言語ハブは、地域ハブやテーマ別ハブを補強するものとされています。言語は、(同じ言語を共有する)分散したコミュニティ間の多様性、包括性、代表性を保証するために最も重要なものです。言語は、この運動の最も重要な文化的要素です。一つの国が複数の公用語を使用したり、一つの言語が複数の国で話されたりしていることはよくあります。

Events

List of events about hubs:

Date Event
27 11月 2021 Hubs co-creation workshop (event page)
21 2月 2022 - 4 3月 2022 Hubs Dialogue (findings summary, other languages)
12 3月 2022 Hubs Global Conversations (event page)
24 6月 2022 - 26 6月 2022 Hubs Global Conversations (event page)

経緯

In June 2010, Iberocoop, Wikimedia's first regional collaborative, was established. In the years following, several more groups were created, such as the East, Southeast Asia and the Pacific Regional Cooperation (2018?) and Wikimedia Central and Eastern Europe (2011), WikiConference North America (2016), among others.

During the 2018-20 Strategy Process, proposals for regional and thematic hubs were put forward by both the Resource Allocation Working Group (see early draft recommendations for regional hubs: first draft, second draft; thematic hubs: 1, 2), and the Roles and Responsibilities Working Group (first proposed as part of the "Quotiel" model, see draft recommendation, which mentions inspiration from the existing regional collaborations).

The Advocacy and Capacity Building Working Groups developed draft recommendations for dedicated organizations for Advocacy and Capacity Building, respectively (see drafts, advocacy 1, 2, capacity building 1, 2); these were then integrated as examples of possible thematic hubs. The recommendations were revised in a third-iteration draft, before arriving at the final version in May 2020. The overall proposal, together with the rest of the strategy recommendations, was then approved by the Wikimedia Foundation Board of Trustees.

During the strategy transition, several discussions on Hubs took place: See reports on Hubs discussions in November, December, and January.

関連項目