抽象ウィキペディア

This page is a translated version of the page Abstract Wikipedia and the translation is 85% complete.
Outdated translations are marked like this.

プロジェクト

このプロジェクトは二つの部分から構成されています。抽象ウィキペディアとウィキファンクションズです。

抽象ウィキペディアの目標は、より多くの人がより多くの知識をより多くの言語で共有できるようにすることです。抽象ウィキペディア(Abstract Wikipedia)はウィキデータの概念を拡張したものです。[1] 抽象ウィキペディアでは、人々は言語に依存しないやり方でウィキペディア記事を作成したり保守したりすることができます。ある言語のウィキペディアはこの言語非依存の記事を、その言語に翻訳することができます。翻訳はコードが行います。

ウィキファンクションズは、コードの作成と保守を可能にする新しいウィキメディアプロジェクトです。これはいろいろな面で便利です。あらゆる種類の関数のカタログを提供し、誰でも呼び出しや書き込み、保守や利用ができるようにします。さらに言語に依存しない抽象ウィキペディアの記事から、ウィキペディアの各言語に翻訳するコードも提供します。これによって、誰もが自分の言語で記事を読むことができるようになります。ウィキファンクションズはウィキデータにある単語や実体に関する知識を利用します。

そうすることで、すべての知識の総和を全ての利用者が共有できる世界に近づくことができます。

関数とは何ですか?

関数「function」とはコンピュータの一連のプログラム指示のことで、利用者が入力したデータに基づき計算処理を行います。関数とは質問に対する答えという知識の形態であり、2つの日付けの間に何日経過したとか、2都市間の距離などです。関数が複雑になれば、複雑な質問にも答えることができ、たとえば立体の体積、特定の日付時点の火星と金星の距離、あるいは2つの生物種が同じ時代に生息していたかどうかなどです。さまざまな知識の問い合わせに対応するため、たとえば検索エンジンに質問を投げるなど、すでに関数で対応しています。英語で{{convert}}{{age}}といわれるテンプレートはすでにウィキペディアの多くの言語版で用いる関数対応の見本ですし、ウィキテキストや Lua で記述してあり、それぞれの wiki で利用者が使いたい場所に手動でコピーします。

関数の具体例は初期のサンプルのページを、インターフェースの全体案のごくおおまかな予想は 初期の模型ページをそれぞれご参照ください。

言い換えるなら関数とは、利用者が入力したデータを計算処理し、質問に答えを出します。

この新しいウィキメディアのプロジェクトは関数のライブラリを構築し、執筆者はボランティアの皆さんで、言語を超えた質問などに答える支援をします。関数ライブラリを作ると、もっと多くの人が新しい手法で無料の知識にアクセスして探求できます。

抽象ウィキペディアとはなにか?

抽象ウィキペディアプロジェクトとWikifunctionsの視覚的な説明。

用語としての「抽象ウィキペディア」は、それ自体、長期的な目標を示しています – これは関数ライブラリであり、将来的に超言語的な記事の作成を実現しようとしています。このプロジェクトの詳細がいくつか設定された段階に進むと、どのようなウィキでも – とりわけ中小規模の場合に – それぞれの言語で記事数を飛躍的に増やすことが可能になります。さらにまた、編集者がそれぞれの文化や文脈を、より広くグローバルな観衆に向けて共有できることを意味します。

新しい関数ウィキ、すなわちウィキファンクションズは、この理想を具現化するためコードのインフラを整備します。本プロジェクトにおける抽象ウィキペディアの部分は大枠で2022年に開始する見込みです。

言葉を替えてみましょう。新しいウィキから複数の関数を組み合わせると、ウィキデータにあるデータと言語情報をかけ合わせ、対応するどの言語でも自然言語の文章が作成できるようになります。作成した文章は、どの言語版のウィキペディア (または別の場所) でも利用可能なのです。

タイムライン

参加しよう

事務局の開室時間

ウィキ関数と抽象ウィキペディアの開室時間とはオンラインで進行し、開発チームから直近の課題を説明、コミュニティの皆さんから質問を受け付け重要な関連事項の討論を行います。 開催のお知らせはメーリングリストとニュースレターを使います。 だいたい 4-6 週の間隔で実施します。


背景

Signpostに掲載された記事ではこの発想をより詳細に紹介しています。以下の資料 - 研究論文、講演のビデオ、プロトタイプソフトウェア - で、さまざまな詳細情報をご参照ください。ウィキラムダ開発計画の詳細な草案も含まれています。

過去の提案ページには、これまでの関連の議論、文書類、動画、同じような提案が多数、リストしてあります。

Originally, the project was code-named Wikilambda, derived from Lambda calculus. The name is still referenced in the name of Extension:WikiLambda and in the Wikifunctions logo which contains a lambda character.

特記事項の例は次のとおり:

関連情報

プロジェクト案

  1. 概論: プロジェクト案のまとめ
  2. 名称: プロジェクト名に関する議論
  3. 目標: 何を達成しようとしているのか? 第1次と第2次の目標
  4. 組織:開発チームの構成案
  5. 要件:プロジェクトが満たすべき条件のまとめ
  6. アーキテクチャ:プロジェクトの構成要素の相互関係のまとめ
  7. 構成要素:個別のソフトウェアで、コンポーネントとしてプロジェクトが配布する対象
  8. タスク:個別のタスクでプロジェクトがこなす対象
(1ページ要約版)

脚注

  1. 新しいコンポーネント(抽象ウィキペディア用の開発計画内にリストされている)にはウィキデータに対する拡張が含まれ、その統合(プロジェクトの2年目)には、“抽象コンテンツ”をウィキデータや他のウィキ(プロジェクトの最初の部分で開発された、新しいウィキファンクションズのウィキや他の他言語ウィキ)にストアする前にウィキデータのコミュニティの合意が必要です。