Fundraising 2010/Abbas Appeal/ja


Need help? See the Translation FAQ or Meta:Babylon. All translators should also subscribe to translators-l to be kept up-to-date (and to ask questions).
General Fundraising Translation Guidelines: Fundraising 2010/Translations.

AbbasEdit

  • ウィキペディア執筆者
  • アッバスさんからのメッセージを
  • お読みください。
  • ウィキペディア執筆者アッバスさんからのメッセージ

私は、できる限り頻繁に英語とスワヒリ語のウィキペディアに投稿するようにしています。 こうしてケニアにいながらにして地球規模のコミュニティの一部となり、人類の知識をひとつにまとめあげる仕事に携わることができるということには、いまだに驚いてしまいます。 私は、皆さんにもぜひウィキペディアに協力していだたきたいと思っています。皆さんがお分けいただけるだけの額、たとえば数ドルでもかまいません。 なぜそうすべきなのか? それは、そうすれば皆さんも私と同じようにこのコミュニティの一部になれるからであり、私たちが一緒に作っているものが大事なものだからです。

知識は力。ただしそれは共有されたときに限ります。 ここケニアの若者たちは、教育が貧困を抜け出す鍵であることを知っています。 情報化された世界は、たしかにそこにあるのに、たくさんの人たちにとって手がとどきません。

発展途上国では、ほとんどの人は学校に通うことができません。 教科書は絶望的に古く、新しいものを買うこともできません。 彼らは地球規模のコミュニティに加わることを心の底から欲しています。 ウィキペディアがそれを可能にするのです。

それは、すべての人々が自由に共有できる知識です。 継続的に更新され、常に最新のまま保たれます。 あなたと私、そして知識を求め知識を共有したいと願うすべての人々のあいだにあるつながりです。

ケニアの学校にいる学生が定期的にウィキペディアにアクセスできるとしたら、どれほど効果があるかを想像してみてください。 それも、皆さんがウィキメディア財団に寄付してくださったとき、その助けによって実現されることのほんの一部です。

私たちはみなこのコミュニティの一部であり、一人一人が自分なりの理由でウィキペディアを守り維持する助けを差しのべています。 あなた個人の理由が何であろうと、自由なウィキペディアを保つために年一度の寄付活動に加わり、20ドル、30ユーロ、あるいは4000円など、どんな額であろうと、できる範囲での寄付をいただければと思います。

皆さんのご協力は本当に有効です。 どんな形であろうと、ご協力をいただければ幸いです。

アッバス・マームード

ケニア共和国、モンバサ