グローバル利用者ページ

This page is a translated version of the page Global user pages and the translation is 75% complete.
ショートカット
GUP

グローバル利用者ページ (Global user pages) は、メタ・ウィキ上で定義されるuser pagesであり、3つのページを含みます。

  1. あなたの Meta user page は、あなたのローカル利用者ページが存在しない wiki にも表示されます。
  2. ログインの都度、あなたの global.css には、すべての wiki にインポートされる styles が含まれます。
  3. ログインの都度、あなたの global.js には、全ての wiki にロードされる scripts が含まれます。

これらの機能を使用するにはグローバル アカウント(統一ログイン)を所有している必要があります。 関連付けが切り離されたローカルアカウントは、これらのページを承継しません(グローバルアカウントに関連付けられたアカウントのリスト)。訪問したことがないウィキでは、原則としてあなたのグローバル利用者ページは表示されません。

グローバル利用者ページとスクリプトの管理

グローバル利用者ページ、JavaScript、スタイルシート (CSS) は既定で有効にされるため、ページ作成と同時に自動的に効果を発します。グローバル利用者ページ、JavaScript、スタイルシートの管理とコントロールは説明文書で詳細をご覧ください。

To prevent your Meta-Wiki userpage from appearing globally, you may add the __NOGLOBAL__ magic word, which also determines whether a link to a user page on a remote wiki should be red or blue.

ローカルウィキでのグローバルページを復元・ローカルのページの除去

ローカルウィキに既に利用者ページがある場合は、そのローカルウィキでグローバル利用者ページは表示されません。

その場合はbotによる、それらのローカル ページの削除を申請できます。

Transclusion and wikilinks

This page is displayed as a transclusion of the userpage in Meta in your local wiki. Therefore, if you don't want a particular text to appear globally, you can use <noinclude></noinclude> tag. Also, if you want a text to appear only globally, you can use <includeonly></includeonly> tag.

Wikilinks for your userpage on Meta do not work on another wiki, for example: in User:Example, when you link on User:Example/sandbox, in Wikidata this link would be redirected to d:User:Example/sandbox, not your Meta sandbox. You can bypass this issue by using m:User:Example/sandbox.

内容

表示するプロジェクト群に不適切な内容を、あなたのグローバル利用者ページに載せることはできません。 (詳細はja:Wikipedia:利用者ページを参照。)

翻訳

利用者ページはローカルのプロジェクトの使用言語に自動翻訳することはできませんが、UI の言語に翻訳することは可能です。例えば利用者言語ボックスを加えると、短文ごとに英語もしくはドイツ語に翻訳します。

{{#babel:en|de-2}}
{{#switch:{{int:lang}}
 |de=Willkommen auf meiner Benutzerseite!
 |en=Welcome to my user page!
 |#default=Welcome to my user page!
}}

その短文は何語でも何行でもかまいませんが、1言語につき #switch 句が1つ必要です。また #default 句は必須であり、この句に明確に指定した言語以外を翻訳するのを回避するためです。

もっと高度な例を参照するにはこちら

関連項目