助成金:MSIG/例/技能開発活動のための翻訳

This page is a translated version of the page Grants:MSIG/Examples/Skill Development Translation and the translation is 100% complete.

申請の前に

2021年11月に技能開発は運動戦略実施の優先課題に選ばれました。コミュニティ開発部門と協同し、複数のトラックを特定して以下のイニシアチブの実践に取り組むことが決まっています。「31:ローカルの技能開発にグローバルなアプローチを」、「32:指導者養成の計画」。

皆さんが申請するにあたり、前述の3つのトラックのどれにも従う義務はありませんが、皆さんがこれらのイニシアチブを実施する上で取り組み方の発想のお役に立ち、かつ審査の過程の構成に使うことを意図したものです。加えて、それぞれのトラックごとにご用意したサンプルも、助成金申請の手引きになれば幸いです。

すべてのトラック

全部で3つのトラック案は以下のとおりです。

  1. 技能開発のニーズ評価。特定のコミュニティまたは地域における技能開発のニーズを評価してください。これにはニーズ評価調査を行なって学習者像と具体的なニーズを把握することが関与します。その調査に基づき、助成金受給者は必ず特定のコミュニティまたは地域で優先されるべき技能を識別して定義できるはずです。
  2. 教材の翻訳。既存の技能開発の教材をローカルの皆さんのコミュニティ向けに翻訳して改版しローカル化したのちにを発表します。助成金受給者は、それぞれのコミュニティでどの教材を選ぶか、探して概要をまとめてください。受給者の責任範囲には適確な教材を探すこと、それを翻訳してローカル化もしくは観衆のために応用することが含まれます。
  3. 新しい教材作成や活動創出。技能開発活動を作成して配布し、私たちの活動の維持と進展に必要な技能を学習者が身につけるのを助けます(詳細は別の節をご参照:Skill Development Activities and skills)。これには若干の調査が必要と見込まれ、既存の資源や活動についてそれぞれの影響力と過去の使用例を調べます。また特定のコミュニティにおける新しい情報源または活動を新規に立ち上げる計画と実践も含まれます。新しい活動創出については、詳しいガイダンスとヒント集をご参照ください。

  1. ニーズの評価:技能開発助成金申請に向けたニーズ評価の例
  2. 翻訳:教材を翻訳する助成金申請の例
  3. 作成:新しい教材作成または活動創出の助成金申請の例
status草稿
Greetings from the year 2030.png
xx.wikipedia.org
これはよくまとまった助成金申請の例文であり、新しい技能開発活動のための翻訳が主題です。
targetThe Hobbitish Wikipedia community
start date15 11月
start year2021
end date15 3月
end year2022
budget (local currency)「利-不」
budget (USD)「利-不」
grant type組織
granteeFrodo Baggins
contact(s)• SGamgee(_AT_)hobbiton.org• Merry(_AT_)hobbiton.org
organization (if applicable)• Wikimedians of the Middle Earth
join
endorse

申請書は英語である必要はありません。ご希望の言語でお申し込みください。

以下は、能力開発のための助成金要請のための例です。この例に従わなければならないということはありません。この例は、あなたが独自の助成金申請書を作成する際の出発点または参考にすることができます。助成金の申請は、助成金の基準(この例では実際に示されている)と、あなた独自の目標の両方を満たす必要があります。

要約

このプロジェクトは、英語で書かれた既存のリソースを収集し、翻訳し、私たちのコミュニティに適応させることで、新しい学習教材の作成に必要な労力を最小限に抑えることを目的としています。私たちは、パートナーシップを築く作業について、ウィキメディアのプロジェクトやコミュニティを通じて、大量の資料があることを知っています。これらの資料は、まず調査段階で収集・評価されます。その後、これらの資料を翻訳・編集して、私たちのコミュニティにより適したものにする作業を行います。

プロジェクトの目標

あなたのプロジェクトの結果はどのようなものになりますか。その結果は特定の運動戦略イニシアチブの推進にどのように貢献しますか?

皆さんのプロジェクトの焦点は、どの特定の運動戦略イニシアティブに合わせていて、その理由は何ですか? ここにあるイニシアティブから一つを選んでください
31. 地域での技能開発にグローバルなアプローチ - データ収集、適切な人や助言者を見つける、気づき: 2020年11月、私たちは「技能開発」の提言を運動戦略実施の最優先事項に選びました。技能と能力について、私たちの地域には小さなコミュニティが数多くあるので、それぞれのコミュニティが持つ限られた貴重な専門知識を共有することが、本当に必要です。これらのコミュニティにとって特に重要なのは、パートナーシップを築くことです。そうすれば、ばらばらの言語に関する豊富なコンテンツを管理している既存の多くの組織と協力する方法を提供しあい、利用できるようになります。私たちは、パートナーシップの分野における世界的な経験を、私たちのコミュニティの必要性や状況に合わせた学習教材に応用したいと考えています。

プロジェクトの背景

プロジェクトの開始日と終了日の予定は?
開始日:2021年11月
終了日:2022年1月
皆さんのプロジェクト活動はどこで行われますか?
私たちの国・地域で対面型の集まりと、オンラインではウィキメディアのプロジェクト用ならびに学習用プラットフォームをそれぞれ使います。
皆さんのプロジェクトはどのような具体的な課題の解決を目指していますか? そして、問題解決のためにどのような機会を利用する予定ですか?
このプロジェクトが取り上げる課題は以下のとおりです。
  • 言語障壁: 世界には素晴らしい学習資源がありますが、大多数が英語を話さない私たちのコミュニティには全くアクセスできないままです。そのような人々にとって、言語は新たな技能を身につけたり、向上させたりする上での唯一最大の障壁となります。
  • 関連資源:翻訳で比較的簡単に利用できるものもありますが、全く足りないこともあります。例えば、ほとんどの英語学習教材は上級者向けに作られていますが、私たちはもっと基本的で入門的な教材をコミュニティに提供したいと考えています。
このプロジェクトが達成を目指す機会とは次の通りです。
  • オンライン学習:コロナ禍の影響で、教材はオンデマンドで入手しやすくなり、多くの人がオンラインのリソースを利用しはじめて慣れてきました。これはウィキメディアの活動にとって有利に働くはずです。
このプロジェクトでは、助成金の募集で共有された例の1つを適用しようとしましたか? もしそうなら、それはどれですか?
なし:これ自体は単なる例です。

プロジェクトの活動

このプロジェクトでは具体的にどんな活動をしますか? 個別の活動ごとにプロジェクト期間に何をするか詳しく述べてください。
プロジェクトは以下の段階に分けて実施します。
  1. チームの招集:ウィキメディアンの皆さんからプロジェクトに関して翻訳、コンテンツ制作、運営活動に関心のある人を集めます。
  2. 既存の素材の調査:最初は提携関係の開発に関して既存の豊富な素材に目を通し、このプロジェクトをコミュニティの皆さんに紹介するという趣旨に最適なものを選び出します。
  3. 各方面への影響:既存の何かの制作者に接触し、対話をすることで、以下のことを実現します。1. 彼らの作品をより深く理解し、どのようにローカライズすればよいのかを理解する。2.彼らのコミュニティへの影響や問題点を知る。これらのデータやその他の入手可能なデータに基づいて、最も成功したパートナーシップ学習リソースや、地域社会に大きな影響を与える可能性のあるリソースを特定していきます。
  4. ローカライズプログラムの設計:最適な学習リソースを特定した後、これらからコンテンツをどのように統合するか、また、足りないものやコミュニティに関連すると思われるものを編集または追加する必要があるかどうかを計画します。その結果、新しいローカライズされたプログラムの一貫したアウトラインと、それぞれのパーツがどこから来るべきかが決まります。ビデオのダビングや新しい素材の撮影など、特別なツールや必要性がある場合は、この時点で特定しておく必要があります。
  5. 責任の分担と配布:事前に設定されたアウトラインに沿って、翻訳、編集、コンテンツ作成の役割がチームメンバーに与えられます。また、配布までのスケジュールを決めます。
  6. 試行:異なるクリエイターの間でコンテンツを集め、ローカライズされた学習コースを限られた対象者と共有し、フィードバックや感想を求めます。その後、学習コースが完成したら、可能な限り広くコミュニティに配布します。
  7. 学習グループ:学習者と関心のある人たちの交流グループを組み、今後も一緒に活動を続ける予定です。
プロジェクトの進捗と結果について、コミュニティとの共有はどうする予定ですか? コミュニティに最新情報を伝える責任を負う人の利用者名もしくは氏名を書き加えてください
  • 助成金の申請は準備と、もし採用された時には審査結果の両方をコミュニティと共有する予定です。
  • このプロジェクトの規模が大きいため、ボランティアの皆さんにプロジェクトについて学んだりさまざまな段階で共同作業者として参加してもらう機会を作る予定です。
  • 学習コースの初期のコンテンツはコミュニティの参加者で興味を示した人々に限定して共有し、フィードバックと印象を聞き取ります。
  • 完成した学習コースはコミュニティの異なるチャネルで共有し、以下を想定します。井戸端、IRCチャットルーム、メーリングリスト、SNS。
  • 学習グループではSNSとメーリングリストで作り、学習者と興味のある人たちが相互に連絡を取ったり継続して意思を通わせるようにします。
このプロジェクトについて完成に向けた役割分担と責任範囲とは?
これは大規模なプロジェクトであり 有償の担当者と責任感のあるボランティアが求められます。以下の役割と責任分担を見込んでいます。
  • プロジェクト管理者:日程表の作成、会議の設定と主催、作業分担の決定と〆切どおりに制作物を納品する責任者。提携団体の職員もしくは期間限定の業務契約を検討。
  • 翻訳者、編集者、執筆者:学習コースのコンテンツを企画、作成する責任者。この分野での経験を持つウィキメディアン(おそらくボランティア)であることが期待されています。
  • 吹き替え:映像の吹き替え版の声優を担当する。フリーランスでもボランティアでも可。

追加情報

活動にコミュニティとの協議が含まれる場合、生産的な会話を成立させるにはどんな工夫をしますか? その協議で実行する友好な場の方針もしくは UCoC へのリンクを示してください。
活動に対面のイベントまたは活動が含まれる場合は、リスク評価に概説されている手順を完了する必要があります。リスク評価ツールの完成したコピーへのリンクを提供してください。
「利-不」
有料のオンラインツールの使用が活動に含まれている場合は、これらのツールとは何か、どのように使用する予定かを説明してください。
CrowdinやAmaraなど、オープンソースや無料のオンライン翻訳ツールを使用する予定です。有償ツールの使用は今のところ予定していません。
皆さんの活動には資料の翻訳が含まれていますか? もしそうなら、どの言語に翻訳する予定ですか? 翻訳の責任者の詳細を含めてください。
この学習コースが私たちのコミュニティで成功した場合、私たちはこのコースから利益を得られるよう、地域の最大3言語に翻訳するサポートを提供します。
その他にお伝えしたいことはありますか?提案するプロジェクトの背景をより詳しく説明するために、論理的根拠、調査やコミュニティでの議論の成果、その他同様の情報を提供することを検討してください。
「利-不」