Open main menu

Election candidates 2006/ArnoLagrange/statement/Ja

That is a Google translation through the english version and the french version of my esperanto original. Please correct it. Thanks Arno Lagrange  06:37, 15 August 2006 (UTC)

それは私のエスペラントの原物のフランス語版によってGoogle翻訳である。 それを訂正しなさい。 ありがとうのArnoラグランジュの✉ 09:40、2006年8月13日(utc)


他の言語 : Ar; Da; De; En; Eo; Es; Fi; Fr; It; Ja; Nl; Pl; Pt; Ru; Zh;

声明Edit

私の声明のなかで、私が言語に関する質問だけを扱い、それ以外の問題について扱わないのは、不真面目に見えるかもしれません。しかし、そもそも、その一番重要な問題を正しく解決しない限りは、他の問題に深く携わることはできないと私には思えます。この問題、あるいはその重要な問題を議論しようとすれば、言語の壁のために大多数の利用者たちと同じく私は、何について問題になっているのか理解できません。

メタにおける多言語展開(例えばこの投票のような)の努力がありますが、しかし明らかに大多数の議論はメタにしろ、インターネット・リレー・チャットにしろ、メーリングリストにしろ(例:Foundation-l)英語でしか議論が行われていません。私はある質問に興味を持とうと試みました、しかし私はあまりにも多すぎる英語のテキストやメッセージに絶えず圧倒されてしまいます。それらには簡潔さ、要約、多言語による要約さえ欠けています。

英語を日常的に使用する人たち(ネイディブスピーカーか、第2言語話者かどうかにかかわらず、英語を毎日使うことになれた人)は、彼らは彼らと同様に上手く言語を操ることができない人たちみんなを置き去りにすることを、全く意識しないことが確認できます。彼らは簡潔さを完璧に無視し、重要なメッセージをつまらないことや、スラングあるいは専門用語、略語(辞書でもその他でも見られないマイナーなもの)で完全に妨げてしまいます。したがって、そこそこの英語の知識があっても無制限の時間を使えないとき、議論を突き通すことは不可能になってしまいます。


言語の多様性Edit

言語の多様性は人類にとってとても価値あるものです。ウィキペディアプロジェクトにおける言語の多様性はそれを確かなものにするでしょう:知識が、知識に得ようとする人が操る言語で自由に活用されたなら、人類に知識を提供することは実に有意義なことです。それはまた、その知識が活用されるシステムの運営のためにも役立ちます。

 
このグラフは、幾つかの言語における、話者数、ネイティブスピーカーの数、経済的重要性、ネットサーファーの数、ウェブページの数、ウィキペディアの記事数を表しています。


英語は今や世界、インターネット、ウィキペディアプロジェクトにおいて、歴史的・経済的に説明される原因によって重要な位置を占めています。まず、イギリスの征服は英語をイギリスの群島のさまざまなところで押し付け、さらに世界中のイギリスが征服した領土において行われました。そしてそれは圧制と犠牲の下に行われました。後に、特に先の世界大戦によってアメリカ合衆国は経済的、軍事的に世界で最も強力な国になりました。余談ながら、英語は自分達の言語を失ったさまざまな国々からの移民であるアメリカ人のほとんど・・・全てにとっての言語となりました。

その流れの中に、コンピューターテクノロジー、インターネット、ウィキペディアが登場しました。これら全ての分野において英語は優位な位置を占めていて、その理由は英語圏の人々(アメリカ人、カナダ人、イギリス人、オーストラリア人など)が世界のほかと比べて経済的に恵まれているからです。これらの国々にはより多くのコンピュータ、より多くのインターネットにアクセス可能な人々がいます。その上、さまざまなそのほかの国のネイティブスピーカーでない英語話者たちは、彼らが同じ言語の話者同士でも英語で話すようになるまでに、英語を必ず使いこなさなければならない避けることのできない世界語であると認めています(そうだ! そうだ!)。

したがって、世界の6700ある言語のうちの一つでしかなく、人類のうち一部の人だけの母語である英語は、インターネットやウィキペディアプロジェクトにおいて不釣合いな位置を占めています。大多数のプロジェクトの参加者はこの状況とそれが作り出す不利益を意識さえしません:大多数の(英語話者でない)人類と大多数の(英語話者でない)ウィキペディアプロジェクトの参加者でさえ、簡単に置き去りにされて、実のところ黙らされてしまっています。

どのようにしてこの状況を良くするか?Edit

明らかに、何らかのシステムの中で、特定の言語が主要な役割を占めているとき、その状況を発展させるのが大変難しいことです。なぜなら、そのようなそれについて苦労しない人たちは、状況を改善することに全く関心を持たず、それに苦労する人たちはそれを自分の声で訴えることさえできません。

私が例えば質問をしたとき、「あなたが英語を上手く操れない間、あなたはどのようなかたちで理事会に参加できますか」と私は質問されます。このような状況は外へ出ることはありません。明らかに、もし私達が今日ウィキペディアプロジェクトの選挙を行うとき、「現在の英語の特別な役割はあなたにとって障害となりますか? そしてあなたはウィキペディアが、全ての重要な議論に複数の言語で参加できる本当の多言語サイトになることを望みますか?」という質問したとき、多くの有権者の人々が「いいえ、英語が特別な役割をしていることは私にとって障害になりません(私は英語を上手く扱えます)、多言語性は望んでも無駄で取るに足らないことである。」と答える大きなチャンスです。

この状況を良くするのは、現在の参加者たちが、このシステムを今置き去りにされている参加している人たち(参加しようとしている人たち)に開こうとする断固とした努力に他なりません。


解決案Edit

現在のほとんど英語だけの使用と、その場しのぎの多言語主義化に対する解決案は次の通りです:

  • 何らかのルールを伴った現実的な多言語展開を打ち立てる:
    • どんな言語であっても、全ての討議(提案、会話、投票、決定)で簡潔な要約を提供する。
    • 全ての討論は幾つかの定められた言語(例えばウィキペディアにおける重要な言語)に決められた時間内に翻訳する。
  • 不利な点を持つ多言語主義は負担となり、遅くなる、そして時間をかけて結局終わり無く、それで迷惑だけで表現する人たちのために勉強し続ける民族語でないがために、全ての人々に平等である作業語の役割を果たす中立な補助言語の使用が望まれるようになる。
    • なぜなら、現在いかなる補助言語もすぐに使用でき、定義すべきことは利用ためのスケジュールである。
  1. 補助言語の使用について決定する。
  2. どの補助言語を使用するか決める(エスペラント、イード、インテルリングア、ロジバン...)
  3. ボランティアがその言語を勉強する試用期間を定め、多言語展開を進めるため他の言語と共に使用する。
  4. 試用期間の後、もしプロセスが成功したら、言語の使用に関する規定をもう一度定義する:討議は主に補助言語で行い、翻訳をさらに多言語で進める。


実現可能性のある補助言語についてEdit

  1. エスペラント:もっとも有用で、最も成熟して、語源が最も多岐にわたっていて、既に何千もの話者によって100年以上の間言語の使用が世界の全ての言語、文化の生産(文学、科学、専門用語)において実践されています。活発で全世界に広がっている使用者達がいます。他の候補となる補助言語は言及できる広がりに欠けています。今日、非常にわずかな国々でせいぜい数十人のそれらの言語計画の利用者がいるだけです。
  2. イード:エスペラントと幾つかの言語の変更によって違っています。
  3. インテルリングア:全くロマンス系の言語でロマンス諸語の話者には容易ですが、それ以外の話者には容易ではありません。
  4. ロジバン:全く成熟していません。話者は限られていて、語彙も不完全です。
  5. その他の補助言語:今だ成熟しておらず、まだ話者がさらに限られています。