Open main menu

2017年ウィキメディア財団選挙資金配分委員会 監察委員選挙

This page is a translated version of the page Wikimedia Foundation elections/2017/Funds Dissemination Committee Ombudsperson and the translation is 100% complete.

翻訳にご協力願えますか?未訳のメッセージを翻訳してください。
Info 選挙は2017年6月11日に終了しました。以後の投票は受け付けられません。
選挙結果は2017年6月19日発表の通りです。2017年選挙のさまざまなご感想は選挙を振り返るページにお寄せください。
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Tiếng Việt • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português • ‎български • ‎українська • ‎עברית • ‎العربية • ‎हिन्दी • ‎বাংলা • ‎中文 • ‎日本語

'2017年資金配分委員会の監察委員選挙は2017年6月3日から11日にかけて行われます。ウィキメディアコミュニティの構成員は、2019年満了の任期2年間の候補1名を選ぶことができます。資金配分委員会の監察委員の目的は、資金分配の過程に対する苦情を受け付けて公文書化し、意見を添えて理事会に打診した上で資金分配過程の改善方法を提案することです。

選挙管理委員会は2017年6月16日またはそれ以前に開票結果を発表します。詳細な結果もご覧になれます。

投票者向けの情報

投票資格

編集者

ウィキメディアのウィキで所持している登録済みアカウントのいずれか1つから投票できます。いくつアカウントを持っていたとしても、投票が可能なのは1回だけです。投票するには、アカウントは以下の条件を満たしていなければなりません。

  • 複数のプロジェクトで投稿ブロックの対象となっていないこと
  • かつbotでないこと
  • かつ2017年4月1日までに、ウィキメディアのウィキ群で最低300 回編集をしていること。
  • かつ2016年10月5日から2017年4月1日までの間に少なくとも20回編集していること

AccountEligibilityツールでは、基本的な編集回数による投票資格を確認できます。

開発者

開発者の投票条件は以下のとおり:

  • シェルアクセス権を持つウィキメディアのサーバー管理者;
  • あるいはコミット権があり、2016年10月5日から2017年4月1日の期間にgitでウィキメディア財団のレポジトリへマージされたコミットを少なくとも1回以上行っている
ウィキメディア財団職員および契約職員

現在のウィキメディア職員と契約職員は2017年4月1日時点で雇用されていれば投票権があります。

ウィキメディア財団職員および契約職員

現在のウィキメディア国別協会、テーマ別組織もしくは利用者グループの職員と契約職員は、2017年4月1日時点で雇用されていれば投票権があります。

ウィキメディア財団の理事、顧問、資金配分委員

現在および以前のウィキメディア財団理事、ウィキメディア財団顧問、資金配分委員は投票権があります。

立候補者向けの情報

資金配分委員会監察委員の役割と責任

FDCポータルから

FDC 監察委員が資金配分過程で務める重要な役割とは:

  • 資金配分過程に対する苦情を受け付け、公文書化する
  • 苦情に対する調査を支援 (資金配分委員会担当の理事から公式に求められた場合に限る)
  • 受け付けた意見を要約した年次報告書を理事会に開示するとともに資金配分過程の改善方法を提案する
詳細は...

FDC 監察委員の要件 (オンブズパーソン)

監察委員の役割に求められる要件とは:

  • 18歳以上で、母国において成人年齢であること、かつ
  • 英語で問題なく活動できること(完全に流暢である必要はありません)、かつ
  • ウィキメディアのコミュニティで少なくとも2年、活動歴があること、かつ
  • 十分な時間があり、このプロセスに全力で関わる熱意があること、かつ
  • コミュニティの議論に対して建設的に関与してきて、協力的な問題解決を志向してきた実績があること、かつ
  • 利害関係の対立があったときにそれに関わらず、またウィキメディア運動の使命の目標に向かって、個人や団体の利害に配慮せずに働くことができること
詳細は...

立候補の要件

候補者の資格要件は有権者と同様で、さらに以下の各項目が求められます(voter requirementsご参照)。

  • 重大な犯罪や、詐欺、不正に関わるいかなる犯罪をも犯したことがないこと、かつ
  • NPOやその他の会社において、マネジメントの失敗または不正行為によって地位を失ったことがないこと、かつ
  • 指名または選挙の時点で、いかなるウィキメディア・プロジェクトにおいても追放または30日以上ブロックされていないこと、かつ
  • 18歳以上であり、かつ母国において成人年齢であること、かつ
  • 身分証明書をウィキメディア財団に対して提示できること(以下をご覧ください)

立候補の手続き

あなたが有資格者の場合、以下の手続きで立候補できます。:

  1. 1200文字以内 (スペースは除く) で資金配分委員に選ばれたら実行する目標と関する意見や経験、そしてそれ以外に関連すると思うことを短くまとめてください。立候補の宣言文を特定の支持層あるいはプラットホームのリストにリンクすること、他の候補と協力し合う ことは禁じられています。
  2. 自薦の文書の受け付けは2017年5月15日00:00 (UTC) 開始、締め切りは2017年5月28日23:59 (UTC) とします。自薦の文書は提出後3日間もしくは締め切り時間2017年5月28日 (UTC) のどちらか早い日付までであり、ごく小さな訂正 (例えばスペルミスの訂正) または翻訳以外は認められません。締め切りを過ぎて加筆や訂正を申し込むとタイムスタンプを付け、元の文書とは異なる方法で、また元の文書と同じ言語群に翻訳された場合に限り投票者に公示します。提出が早いほど多くの言語群に翻訳される時間ができ、締め切りぎりぎりもしくは締め切り当日の提出は翻訳が多くの言語群に行き渡らない可能性がある点に気をつけてください。
    ご注意: 投票者が少しでも早く立候補者を知るため、翻訳は提出後48時間以内に取りかかります。最初の翻訳は24時間以外に仕上がり、その後の変更は一括して翻訳するため時間がかかる可能性があります。
  3. 立候補手続きの一環として、標準的な質問に答える必要があります。これらの質問に対する回答は、要約の文字として数えません。この質問とは次のとおりです。
    1. あなたのどんな経験が、資金配分委員の職務および推薦の過程に役立つと思いますか?
      1. 年次計画およびプログラムの指導および/または評価関連では?
      2. 助成金関連では?
    2. あなたが理解する資金配分委員会監察委員の役割とはなんですか?
    3. FDCプロセスに関する潜在的な苦情のうち、監察委員が検証できると思われるものは何ですか? また監察委員としてどのように対処するつもりですか?
  4. 身分証明書類をウィキメディア財団に5月28日23:59(UTC)までに提出してください。候補者に自薦した場合、個人的に選挙管理委員からあなた個人に連絡します。

上記の要件と締め切りを守れない候補者は失格となります

身分証明書をウィキメディア財団に提出する

この役職の候補者の立候補の条件として、身分証明と成人である証拠を提出しなければなりません。この証明には次のいずれかを提出してください。

  • 自動車運転免許証のコピーまたはスキャン画像。
  • パスポートのコピーまたはスキャン画像。
  • 実名と年齢を確認できるその他の公的証明書のコピーまたはスキャン画像。

WMF への提出は次のいずれかの方法でお願いします :

  • メールの宛先は secure-info wikimedia.org
  • ファックスの宛先は +1 (415) 882-0495
  • 郵便 (輸送) の宛先は:
Wikimedia Foundation Inc.
ATTN: JAMES ALEXANDER
149 New Montgomery Street, 3rd Floor
San Francisco, CA 94106
USA
  • 郵送はお勧めしません。もし候補者の書類がウィキメディア財団の事務所に期日の2017年5月28日23:59 (UTC) までに届かなくても、例外は認められませんのでご注意ください。

構成

日程

  • 2017年5月28日: 立候補届け出ならびに身分証明書の受付締切
  • 2017年5月29日–6月2日: 候補者とコミュニティの質疑応答
  • 6月3日–11日: 投票
  • 2017年6月12日–14日: 開票と確認
  • 6月15日: 投票結果の発表予定