Office actions/September 2021 statement/ja

This page is a translated version of the page Office actions/September 2021 statement and the translation is 76% complete.

一連の重大な事務局行動について

皆さん、こんにちは。

ウィキメディア財団のCommunity Resilience and Sustainability(コミュニティの回復力と持続可能性)[1]担当役員のマギー・デニスです。今日は、世界中のコミュニティを守るために財団が最近とった一連の行動についてお話したいと思います。

長くなりましたし、曖昧な部分もありますので、あらかじめお詫び申し上げます。この度の問題は複雑であり、皆様にはなじみのない情報が多くあります。これらを簡潔にまとめてご説明できるよう試みます。安全上可能な範囲でできる限りご質問にはお答えいたします。また、この度の問題についてより詳しくお話できるよう、数週間中にオフィス・アワーを設ける予定です。私たちは現在、サポートスタッフの利用可能性に関してその準備をしており、その情報が準備され次第、ウィキメディア-Lとメタで発表します。

財団がNDAポリシーを最近変更したことについては、すでに多くの方がご存知だと思います。これらの変更についてはMetaで議論されていますので、そこでの開示内容をすべて繰り返すことはしませんが[2]、脅威の信頼できる情報のために、財団は個人からの「秘密保持契約」を受け入れるアプローチを変更したことを簡単にまとめます。セキュリティリスクは、個人を特定できる情報にアクセスできる役職や影響力のある選出機関を含む、ウィキメディアシステムへの侵入に関する情報に関連しています。私たちが最も信頼しているコミュニティのパートナーグループ(スチュワードなど)に対しても、警告されたリスクを誘発する恐れがあるため、この行動を事前に告知することはできませんでした。そのため、懸念される地域では直ちにこれらのツールへのアクセスを制限するとともに、影響を受けるユーザーと協力して、そのリスクが自分にも当てはまるかどうかを判断しました。

ここで強調しておきたいのは、このポリシー変更によって権限を制限された特定の個人を悪意を持って非難するつもりはないということです。侵入にはさまざまなメカニズムがあります。私たちの活動の中で見られたのは、権限を得てオープンナレッジの目標に反する企図を推進するために、意図的にコミュニティに取り入ろうとする人々だけでなく、すでに信頼されたインサイダーであるがゆえに、外部のグループから搾取されたり危害を加えられたりしやすい個人も含まれています。このポリシーは、主に後者のリスクに対処するためのもので、勧誘や(最悪の場合)恐喝の可能性を減らすことを目的としています。私たちは、強要を通じて個人情報が取得されたかもしれない人々だけでなく、この方針変更から直接影響を受ける人々の一部も危険にさらされていたと考えています。

本日、財団は侵入に関する問題に対処するための第2段階を開始し、現在影響を受けている2つの管轄区域のうちの1つで、大規模な措置を取ることになりました。中国本土のウィキメディアン[3]という非公認グループのメンバーの活動を長期にわたって調査した結果、7人の利用者を追放し、さらに12人の管理者権限を除去しました。 また、他の多くの編集者にも、投票ガイドラインやdoxingポリシーについて説明し、行動の修正を求めました。

事務局行動に関しては、ウィキメディア財団は一般的にほとんど公表しないのがデフォルトですが、今回のケースは範囲も性質も前例がありません。その国にいる利用者やその非公認グループに所属する利用者の安全とプライバシーを守るために、私たちが明らかにできることには限界がありますが、今回の措置が切実なものであり、この決定が容易になされたものではないことを認めたいと思います。私たちは、このグループの関係者を含め、自由で開かれた知識のために懸命に戦ってきた中国の善意のユーザーの努力を落胆させたり、破壊したりしたくないと苦心しました。私たちは、彼らに自分の貢献が歓迎されないものだと恐れてほしくありません。また、彼らの安全が脅かされていることがわかっているのに、彼らを保護するために何もしないことで、彼らを危険にさらすこともできません。

しばらく前に、中国本土の利用者への個人情報の公開を制限しましたが、プロジェクトで上述のような情報漏えいがあったことがわかっています。また、その結果、一部のユーザーが身体的被害を受けていることも分かっています。これが確認された以上、財団は迅速かつ適切に対応せざるを得ません。

私は、自分が関わった数年間で、ウィキメディアが疑わしい非主流派のウェブサイトから、世界中で非常に信頼され広く頼りにされる情報源になるのを目の当たりにしたことを、勝利であると同時に挑戦でもあると考えています。2007年に初めてプロジェクトの編集を始めたとき、私はすでにウィキメディアが世界で最も偉大な成果の1つになる能力を持っていると信じていました-集合的な知識を、あなたの指先で。多くの編集者による善意の行動は、驚くべきものでした。しかし、情報をどのように表現するか、そしてそれをどのように利用して特定の目的を達成するかということについては、私が編集を始めてからそれほど時間がかからずに争いが起きていることに気づきました。私が驚くほど先見の明があったと言いたいわけではありません。私が世間知らずでつまずくずっと前から、そのリスクに気づいていた人はたくさんいたと思います。しかし、ウィキメディアのプロジェクトが広く信頼され、共有される情報をコントロールしようとする組織的な取り組みのリスクが非常に高くなっている今、そのリスクはかつてないほど大きくなっていると思うのです。

コミュニティの「乗っ取り」は現実の脅威です。これがクロアチア語版ウィキペディアの課題であることは、何年も前から広く認識されており、10年近く前の文書も残っています。財団は最近、偽情報チームを立ち上げました。このチームは、まだ足元を固めて問題を評価しているところですが、そのプロジェクトと課題を検討し、そのような状況の潜在的な原因と解決策を理解するために、外部の研究者と契約することから始めました[4]。また、最近、情報をコントロールしようとするそのような組織的な努力の結果として、グループ全体のコミュニティの人権に対する緊急の脅威に対処するために、人権チームを配置しました。今日私たちが対処している状況は、誰でも、どこでも編集可能な状態を維持しつつ、その申し出を受けた個人が彼らを黙らせようとする者によって傷つけられないようにするにはどうすればよいかという難しい問題に、運動として取り組む必要があることを示しています。

管理者権限を除去したことに関しては、近い将来、国際的な中国語コミュニティと連携して、プロジェクトの取り込みのリスクを回避し、人々が安心して中国語版ウィキペディアに貢献できるような選挙のアプローチについて話し合いたいと考えています。私たちは、コミュニティが、投票依頼や不正行為のない、公正な選挙を行えるようにする必要があります。私たちは、このような公正な選挙方法の確立を支援することで、やがてチェックユーザーの権利を復活させることができると期待しています。

最後になりましたが、この件でショックを受けられた皆様には、個人的に深くお詫び申し上げます。その中には、自分の個人情報が流出したのではないかと心配されている方もいらっしゃるでしょうし(私たちはそのようには考えておらず、流出する前に対応が間に合ったと信じています)、同じような事務局行動が今後も行われることで自分自身やコミュニティがさらなる混乱に陥るのではないかと心配されている方もいらっしゃるでしょう(現在認識しているリスクについては、この度の措置により、中長期的に抑制されるものと考えています)。また、以前からこのような脅威の影に不安を感じていた地域の方々には本当に申し訳なく思っています。当財団は、支援を必要としているすべてのコミュニティを支援するための能力を構築し続けていますが、その方法についてはまだ学んでいる最中です。私たちが改善を求めている主な分野のひとつは、人権への影響を理解し、それらの課題に対処する能力です。あなたには相応のサービスが受けられなかった。すぐに解決することはできませんが、私たちは積極的に、意図的に、そして集中して改善に取り組んでいます。

世界各地に分散し、複数の大陸の読者にサービスを提供している4,000人のアクティブな中国語版ウィキメディアンに、[5][6]私の悲しみと遺憾の意を伝えたいと思います。私たちはもっと良くなることを保証したいと思います。あなたが世界中の中国語の読者と知識を共有するために行っている仕事には大きな意味があります。私たちは、あなたが安全で、安心で、生産的な環境で成功するために必要なツールを使って、将来にわたってこの仕事を行うことをサポートすることを約束します。

繰り返しになりますが私は、Legalや他の部署の職員のサポートにも頼りつつ、質問にできる限りお答えします。また、Metaのページでは、話し合いの場を準備しており、数週間後にはオフィスアワーを開催する予定です。

よろしくお願いします。 Maggie Dennis (WMF) (talk) 2021年9月13日 16:13 (UTC) マギー

Updated Office Action on User 玄客

Upon recent information provided through our ca@ channel within Trust and Safety, we have reassessed one account locked as a result of this investigation. This account belongs to user 玄客. The information and supporting evidence received and authenticated by our investigators ascertains that user 玄客 is not, as originally identified, a sock of Walter Grassroot. As a result of this, user 玄客's account has been restored to full capacity.

We appreciate everyone who is using ca@ channel to send us additional information and evidence that substantiates or refutes the recently undertaken Office Action. This is an important part of the process, and the Foundation is reviewing each email and documents provided.

We offer our unreserved apologies to user 玄客, and we request anyone with additional information to share it through ca@. WMFOffice (talk) 21:47, 16 September 2021 (UTC)

References