グローバル評議会

This page is a translated version of the page Global Council and the translation is 67% complete.

グローバル評議会(Global Council)とは立案者として「グローバルな構造として私たちの運動全体のニーズに応答しコミュニティの代表として公平な存在」であることを求められ、「その役割と構成において運動の代表」であることを目指します。これは2018-20年戦略勧告の一つとして、当時「意思決定における公平さを確保」と呼ばれ、勧告は全てウィキメディア財団理事会(Board of Trustees)の承認を受けています。(※=Movement 訳注:ウィキメディア運動)

勧告の述べるところによると、「わたしたちのコミュニティに影響を及ぼす意思決定は全て、当該のコミュニティを巻き込み不均衡な結果を出さないようにする」、評議会を指して「コミュニティを代表する」こと、「共同責任と説明責任を担保」するものとされています。当評議会は選挙と選任により決まった議員で構成され、「現在の運動のみならず将来的にわたしたちが役に立とうとするコミュニティまで含めて参加の広がりと多様性を反映する構想」に従います。

当評議会の厳密な責務は、 Council's precise 運動憲章のまとめに従います。同憲章の作成には監督として運動憲章草案委員会が当たります(旧来は暫定グローバル評議会の職掌)。

役割と責任

戦略勧告より引用。

This body will have authorities and responsibilities outlined in the Charter, and these should include, but not be limited to:

  • Overseeing the implementation of Movement Strategy, with community input wherever possible, and its alignment across established structures of the Movement;
  • Overseeing further development and endorsement of the Movement Charter;
  • Enforcing accountability of all Movement organizations around:
    • Use of Movement funds;
    • Alignment with the Wikimedia mission, vision, and Strategic Direction;
    • Compliance with the Movement Charter;
    • Appropriate use of movement branding and marks;
  • Setting frameworks on resource allocation and revenue generation for the Movement.
  • Any responsibility that the Interim Global Council has identified as needing to be delegated by the Board.

The Global Council should oversee the implementation of the guidance given by the Movement as described in the Movement Charter, including recommendations for funds allocation to regional and thematic hubs and other Movement organizations while recognizing the involved organizations’ legal and fiduciary obligations.

理事会の善行の説明責任

当評議会は理事会の説明責任に関して、善行の慣習※1に従うように図り、それに反していないか審査し支援する仕組み※2を設けることとします。理事会の機能方法を、善行のガイドラインとして確立します(任期、選挙や選任の手順、また他の組織統治の疑問のうちコミュニティに適応し関連のあるものへの取り組みなど。)(※:1=good practices。2=mechanisms。)

経緯

コミュニティを代表するグローバルな組織に関して、これまで複数の提議があり、その中には2005年のウィキ議会(Wikicouncil)案(別称「ウィキメディア・グローバル評議会」)や、2008年のウィキメディア連盟案(Wikimedia Federation)も含まれています。

当評議会の設立は2018-20年戦略プロセスの期間に、Roles and Responsibilities Working Groupから提案されました。2020年5月の最終案まで、3回の改訂を繰り返しています(123)。提案はその他の運動戦略勧告とともに、ウィキメディア財団に承認されました。

移行期と暫定のグローバル評議会

当初の提案では、戦略移行の過程において 暫定グローバル評議会を置くとしていました。同暫定評議会に求められた役割とは運動憲章の策定の監督とし、それは運動憲章起草委員会へと後に移管されました

固有の提案