コミュニティ要望アンケート/更新情報

This page is a translated version of the page Community Wishlist Survey/Updates and the translation is 100% complete.

2022年5月3日: 提携プロジェクト群にリアルタイムプレビュー導入(即時表示確認)

リアルタイムのプレビュー機能の特定版をポーランド語版ウィキペディアに展開しました。先方のコミュニティから改善点のフィードバックの投稿に協力してもらい、他の利用者用に展開する準備に使う同意をもらいました。展開の全体プランをご参照ください。 詳しく読む

この機能は、さまざまなウィキメディアのプロジェクト群で最も利用率が高いエディタ (2010年版ウィキ文編集機能) に変更を加えることになります。そこで、全員に機能を展開する前に、ベータ機能としてロールアウトすることに決めました。こうしておくと全面的な展開の前に、フィードバックの収集と改善が実施できるからです。

新しいツールを使った挙動を理解しようと、利用者と早い段階からパートナーを組み、改善に取り組もうとしています。それぞれの利用者の接続状態に応じて、プレビュー欄の再読み込みを自動化した時と手動にした時のさまざまなパターンを観察して評価することが目的で、その詳細は以下のとおりです。

  • Automatic reload: Debounce time. When the preview pane is automatically reloading, is our debounce time sufficient to provide a fluid experience?
  • Automatic reload: Discoverability of the manual reload button. When the preview pane is automatically reloading, is the manual reload button that appears while hovering over the preview pane easy to find?

and/or

  • Manual reload: Discoverability/Display time of the manual reload status bar.

When the preview pane is NOT reloading automatically, the user will see a status bar inviting them to manually reload. Is the discoverability of the bar sufficient? Is the status bar obstructive to the users’ workflows?

We will aim to observe both of these scenarios for users with stable high-speed internet connections. In both cases, we will be performing the test on two pages: one short article without images (for faster reload time) and another one with a large content and multimedia assets (for slower reload time).

Aside from our main investigation, we will also be observing the following during our screen-sharing sessions with users:

  • Discoverability of the overall feature: although users will be notified of the existence of the realtime preview feature, and the potential relationship between the latter and the "Show preview" feature.
  • User screen sizes- This data could be helpful to understand how useful the Realtime Preview is for folks with a smaller screen. Does this make their experience too crowded?
  • Usage of syntax highlighting/Code Mirror
  • Understanding that both panes do not have a synced scrolling behavior.

If you would like to give us any feedback on any of the open questions above, please reach out to us in the talk page as we are eager to hear about the usability of this new feature. Thanks for building with us!

2022年2月15日:2022年分の集計結果

コミュニティ要望アンケート 2022※1は〆切りました。今年の開催に参加してくださった皆さんのおかげですし、票には現れていなくても特段の活躍をしてくださった皆さんに担当一同より改めて深謝申します。皆さんのご尽力がなければここまで来ることはできませんでした。(※1=Community Wishlist Survey)

それで、次はどうなるの? 今回の投票について優先順位をつける手順、ありあわせて優先課題の順位の確認をぜひどうぞ。 詳しく読む

2021年11月8日:曖昧さ回避ページへのリンクをたどった際のアラート

We have an update about the wish. We have finished user tests. 詳しく読む

Hello everyone,

Many thanks for your great support and feedback on the proposed user experience and designs for this wish. This update is regarding the usability testing, which was conducted in parallel with community members on the talk page, as well as the first “Talk to Us hours” video call last September. Thanks again for your valuable inputs!

The goal of this round of usability tests was to determine if our proposed designs were successful in warning users about the potential risks of adding a link to disambiguated page in the 2010 wikitext editor without inhibiting users from continuing to edit. We conducted the test on usertesting.com with 5 editors total.

Here are the insights we gathered from the tests:

  • 2/3 of users successfully noticed the new notification warning them about the disambiguation link they added. Two users were not able to see the notifications due to complications with the testing interface and instructions.
  • All users who saw the notification found it helpful and easy to understand. When users noticed the disambiguation notification and understood its purpose, most of them stated that it was useful without being disruptive to their edit flow.

Acknowledgments: This test was conducted on beta-wiki with a limited content pages. Before we could push some recent user experience and engineering improvements for this wish, including the new link selector widget for the Wikitext editor. We are hoping that these changes will mitigate some of the difficulties encountered by the users during this usability test.

Not all of these editors from this panel are experienced users. Although this wish is intended to be helpful for every user – we assume that less experienced editors will tend to use the VisualEditor over the wikitext editor, thus making this new feature less relevant for them.

We are grateful for your feedback on this talk page and the Talk to Us for our team to get a better understanding of your needs as experienced contributors. Thanks so much for your feedback on the talk page!

2021年11月2日:ウィキ文でリアルタイムプレビュー(即時確認)を実現

Thank you for your comments on the talk page, as well as the latest "Talk to Us" video call. Also, we have conducted usability testing. We are sharing the most important findings. 詳しく読む

Hello everyone,

Many thanks for your support and great feedback on the proposed designs. Thank you for comments on the talk page, as well as the latest "Talk to Us" video call. We have learned more about how experienced users edit.

Also, we have conducted usability testing on the usertesting.com platform. 5 editors took part. Below you will find some of the findings and insights:

  • Half of the users found the new "Preview" button in the toolbar. One of the reasons for this could be behavioral patterns developed over the existing "Show preview" button in the footer of the editor box. We are designing a low-friction pulsating dot with a guide popup. We hope this will make it easier to notice the new feature.
  • All users found the existing "show preview" button.
  • All users understood the difference between both buttons. One could be used while editing (offering a quick glimpse at the output). The other could be more helpful for proofreading before publishing the changes.
  • ある利用者から報告があり、ウィキ文の入力とプレビューの出力の関係は常にもっと把握しやくなるはずとのことです。その軽減には、両方の表示欄で対応する文を強調表示す、また画面スクロールあるいは編集行動と一致させる方法はないか、探究しています。

Acknowledgments:

  • Not all of these editors are experienced users. Although this wish is intended to be helpful for every user – we assume that less experienced editors will tend to use the Visual Editor over the wikitext editor. This will make the new feature less relevant for them.
  • We are also working on improving the scaling of both panes. We want to allow for optimal support to both small and ultra-wide displays alike.

Again, thanks so much for your feedback!

2021年10月19日:書誌情報ボットの提案却下について

提案の題名: 書誌情報ボット(Bibliographic Bot)

Phabricator の調査チケット

要望の順位 Rank:第14位

理由の概略:作業対象が莫大すぎる、集票が低率。

このプロジェクトは却下と決まりました。チーム内で複数回のフィードバックを重ねた上に財団内の他チームならびに国・地方別協会との対話を介して慎重な検討を経た結論です。

根拠:第1に、提案には問題点が提議されて (T243150) そこに示してある作業範囲を技術班と設計班で精査しました。当初の見積もりに対して、作業だけでも大幅に超過すると確信しました。

この要望は課題の優先順位付けで非常に高位にあり、パッと見には、ウィキデータ内のCitoidの挙動を複製するだけで済むと思われたからです。技術と設計の面でとらえても、コードの再利用と設計を流用できるから複雑性は低いと見積もりました。ところが、ウィキデータに登録した典拠情報は、同じデータベース内の他のオブジェクトに対して典拠としてリンクさせる必要があります。これは明白に複雑性を押し上げてしまいます。

この要望は利用者投票の人気順トップ10に入りませんでした。順位は第14位です。私たちの当初の見積もりが誤っていました。事実、ウィキデータ/ウィキメディア・ ドイツ協会はこの要望の技術に複数月を使い取り組んでみました。最終的な解決策は非常に複雑で、現状で利用可能なリソースを充当しても完結しません。コミュニティ技術チームが総がかりで取り組んでも完成までに複数月を費やすことになる点から、これではなく集票で上位にあるほかの提案を採用することになりました。(※= Wikidata/Wikimedia Deutschland)

2021年9月4日:ウィキ文でリアルタイムプレビュー(即時確認)を実現

We have made progress working on the Real Time Preview for Wikitext tool. We have two questions about its design. We invite you to answer on the project talk page. 詳しく読む

フィードバックをありがとうございます

Hello all, we are back with an update on the proposed designs for this wish. Thanks for all of your comments on the talk page. We heard what you said and synthesized the feedback as follows:

  • The button to preview the wikitext output should be more intuitive, the person clicking it should know what it does.
  • The button to preview the text should be in the toolbar.

We then took a second try at creating the following set of designs. We are proposing a new button appears in the toolbar:

RTpreview-legacy-vertical-untoggled.png

We are proposing than when user previews the content, the preview button label remains "blue" to indicate that the preview state is on, and activated:

RTpreview-legacy-vertical-toggled.png

The preview button would turn back to black if users toggle it off and the preview would disappear.

横置きと縦置きの対照

Please note that these proposed designs are illustrative. We only included a vertical version because we are currently investigating if the ability to have a wide screen will still be an option given the planned and upcoming work on Web desktop improvements which would limit the page to 960px in width, making it too cluttered to have a horizontal view.

公開質問:皆さんのご意見募集中!

  • Does the new button placement seem more intuitive to the workflows in the toolbar?
  • Does the current proposed layout feel like there is enough space to view both the wikitext and the output?

Thanks so much for your continued feedback on the talk page!

2021年8月27日:ウィキ文でリアルタイムプレビュー(即時確認)を実現

ウィキぶんのリアルタイムのプレビュー用ツールの最初のステップに取り組んでいます。その設計について質問があります。そこで皆さん、プロジェクトのトークページで答えを投稿してください。 詳しく読む

デザインの提案

デスクトップ版の横型画面用レイアウト

新しいボタンを追加します。 これにより、編集者は画面の横余白でリアルタイムのプレビューができるオプションを利用できるようになります。

 

注記:上記のピンク色のボックスは、ボタンに注目してもらうために塗ってあるだけで、利用者にはこの色では表示しません。

編集者は上記で目立つように示したボタンをクリックすることができます。 実行した場合、以下のレイアウトによって出力結果をスクロール可能な固定コンテナでプレビューできます。

 

デスクトップ版の縦型画面用レイアウト

デスクトップ用の縦型モニタを使うと、以下の新しいUIの要素が表示されるようになります。

 

注記:上記のピンク色のボックスは、ボタンに注目してもらうために塗ってあるだけで、利用者にはこの色では表示しません。

編集者は上記で目立つように示したボタンをクリックすることができます。 実行した場合、以下のレイアウトによって出力結果をスクロール可能な固定コンテナでプレビューできます。

 

技術者はこれら変更点について作業を始めました。 MediaWiki コアに変更を導入する予定です。 このデザイン案について皆さんのご意見を募集します。 特に次の点について関心があります。

  • ボタンの配置と文字をわかりやすく
  • デザイン案の全般的な印象

デザイン案について、皆さんからご意見やその他の考えるべきことをぜひ教えてください。

公開質問:皆さんのご意見募集中!

上記の解決法はまだ提案中で、これから変わっていきます。 ぜひ皆さんからのフィードバックをトークページにてお聞かせください。 皆さんの洞察を参考に、別のアプローチ方法やリスク、解決法を考えていきたいところです。

以下の質問を皆さんにお尋ねします。

  • 皆さんの編集の方法にどんな影響が出そうですか?
  • 拡張ボタンにつけたアイコンは、利用者に機能をきちんと伝えるか? うまく共有できているか?

2021年8月20日: 2022年コミュニティ要望アンケートは1月開始予定

皆さん、こんにちは、

がまんの時期ですが、お元気で安全にお過ごしでしょうか。さて早速ですが、2022年コミュニティ要望アンケートに関して、いくつか変更点をお知らせしたいと思います。また皆さんのご意見もお聞かせください。

2022年コミュニティ要望アンケートは、2022年1月実施の予定です。2021年分の要望対応にもう少し時間を使わせてください。また2022年要望アンケートを改訂する時間もかかります。その間、皆さんから専用のサンドボックスを利用し2022年要望の提案を早めに投稿できるようにしました。

提案と要望の実現を同年に実施

これまでの実施では、コミュニティ技術チームはコミュニティの要望に応じる前年の11月にアンケートをしていました。例えば2021年要望一覧は2020年11月に実施しています。数年前なら、この方式が好適でした。その当時は要望一覧の投票結果を公表した直後から、作業を開始していたものです。

ところが2021年には投票期間と、新年度の要望に関する作業開始の時期にずれが生じました。2021年7月まで、当チームは2020年要望一覧の作業を進めていました。

2022年要望一覧を同年の1月に整えることで、これまでよりも直観でわかるようになることを望んでいます。また当チームにとっては2021年の要望一覧について、より多くの要望を実現する時間がもらえることになります。

これまで締め出されていたコミュニティからも広く参加を募る

要望一覧への参加をどうすればもっと参加しやすくなるか、考えています。翻訳をもっと支援したいし、リソース不足のコミュニティにももっと活発になってほしいからです。これらの変更をもたらすため、少し時間をもらえないでしょうか。

新しい空間を設けて、優先順位、まだ実現していない要望について当チームと話す場を作る

今年は要望リストが進まないまま 365 日が過ぎようとしています。どうか皆さんから当チームにアプローチしてくれませんか。トークページで投稿をお待ちしていますし、2カ月に1回開いている、「Talk to Us」話そうミーティングでもお待ちしています! 地球のあちこちの生活時間帯に対応できるよう、毎回、開催時間は2つずつあります。

初回のミーティングは9月15日 23:00 UTC開始予定です。議題や会議の形式については、もうすぐお知らせできます!

ブレインストームと草案の提起を起草の前に実施

もしまだ練り上げてないけれど要望がある皆さんは、新しいコミュニティ要望アンケートのサンドボックスを使ってください。この方法なら、2022年1月の開始時まで覚えておくことができます。いつでもサンドボックスに戻り、提案を推敲できるからです。サンドボックスに置いてある限り、提案ではなく下書きのままですので、お忘れなく。

フィードバック

  • 要望一覧のページのどの点を改善すると良いですか?
  • 皆さんなら、どう新しいサンドボックスの使いますか?
  • もしあるとしたら、要望一覧2022の日程を変えたことでどんなリスクが予測できそうですか?
  • 要望一覧2022に参加する人を増やすにはどんな知恵がありますか?

回答は(ご自分の得意な言語で) トークページに投稿するか、「Talk to Us」ミーティングで提言してください。

2021年8月18日:曖昧さ回避ページへのリンクをたどった際のアラート

We have moved forward with the design. We would like you to answer our questions. 詳しく読む

Progress with the design

Hello everyone, and thanks to those of you who have been active on our talk page and tested the proof of concept script for displaying a warning. We have moved forward with designing for the last two requirements in our proposed solutions and wanted to share them with you so that we could hear your input!

As an Editor using the link toolbar to search for knowledge to reference in my article, I can:

  • See a warning before publishing if I have introduced a disambiguation link in my article
  • Visibly differentiate disambiguation links as a different type of content than articles that come up on my suggestions

For the first solution above, we are proposing displaying this yellow box warning when wikitext users add a link:

 

For the second solution above, we are proposing changing the copy to better describe what a disambiguation page means in the wikitext link button and in the visual editor link pop-up:

 

 

Open questions

We'd love to hear your thoughts on our proposed designs. We'd especially love feedback on:

  • Making the copy accessible and making it easier to glean what a disambiguation page is
  • Making sure the warning for wikitext editors feels preventative without coming off as discouraging-- editors should still be able to publish even if they have introduced faulty links

We're looking forward to hearing your thoughts on our proposed designs!

2021年8月5日: 関連するトークページの除去(復元)

We have completed our first investigation. You can track this inside this ticket on Phabricator. The bulk of the work here will be around security and performance considerations. We estimate tackling this work within the coming months. 詳しく読む

2021年8月2日:曖昧さ回避ページへのリンクをたどった際のアラート

We have completed our first part of the wish. As a result, we will release a new change in a few days. Thank you for all the comments you have given. 詳しく読む

The first part is about the following improvement:

As an Editor using the link toolbar to search for knowledge to reference in my article, I can see specific articles as the first search results.

This effects the link search function in VisualEditor and the 2017 wikitext editor.

The change should go live this week. In the meantime, if you would like to preview the changes, you can try it out on the beta cluster. For instance, when adding a link and you type out the term "New York", New York City and New York (state) appear above the disambiguation page New York in the search results.

We are looking forward to hearing your feedback!

After this change is released, we will be monitoring the numbers inside The Daily Disambig to see if it has any impact on the number of unwanted dab links being added (thanks for pointing us in the direction of this page).

2021年7月23日:曖昧さ回避ページへのリンクをたどった際のアラート

We have begun design planning on this wish. Our designer, NAyoub is working on setting up some user tests where we ask new editors to link from the Jupiter article to the Mars article and see if they fall for the disambiguated page since it's the first result. We will take notes and write up next steps based on the results. Our engineers are also investigating the feasibility of moving search results for disambiguated terms to the bottom of the results. 詳しく読む

2021年7月16日: 差分のコピペを可能にする

We are making initial steps on the Copy paste diffs tool. We have questions about its design. We invite you to answer on the project talk page. 詳しく読む

技術面の精査

この作業に関してはPhabricator のこちらのチケット内で技術面の精査に取り組んできました。問題解決策は割り出したので、うまくいくと予想しています。

実演動画:節の差分をコピペする一連の動作

未解決の質問

  • 利用者はいつもどんな文脈(状況)で差分からコピペしていますか?
  • What syntax manifests itself as intrusive? Is there any syntax that would be desirable to keep in the clipboard?
  • こちらから提案した解決策 について、皆さんのご意見ご感想を寄せてもらえませんか?

2021年7月15日: 進捗の報告

There have been and will be changes to our team. We have made decisions what will be the sequence of wishes we will be working on. We would like you to learn more about our methodology. There are reasons why the voting is not the only criterion. Please tell us what you think about it. 詳しく読む