Open main menu

Translation requests/WMF/Board of Trustees/ja

HistoryEdit

詳細は次を参照: History of the Board of Trustees

The Board of Trustees began sometime in 2003 with three members. Over time, it expanded in size to its current ten members. Much of the body's history can be found in Board resolutions and votes.

Roles and structureEdit

As defined in the bylaws, the Board elects officers which have one of four roles:

As announced in 2008, the Board now consists of ten Trustees:

現在のメンバーEdit

陳霆Edit

 
Ting Chen (陳霆)

陳霆(ティン・チェン) は、ウィキメディア財団理事長に2010年7月に指名されました。陳霆はウィキメディア・コミュニティによりウィキメディア財団理事に2008年6月に選出され、同年7月に任期が公式に始まりました。

陳霆は1968年に中国・上海に生まれ、中国北東部にある都市ハルビン市で小中学校時代を過ごしました。 1989年、ドイツ・ブラウンシュヴァイクで電気工学の勉強を始めました。陳霆は特に半導体とその物理学に関心を持っていました。1993年に大学を卒業しドイツ・マインツでIT専門家として働いています。

陳霆のネットコミュニティとの関わりは大学時代に始まります。German Fido-Netに関わり、科学知識に関するフォーラムのモデレーターを何年もしていました。陳霆はドイツ語版ウィキぺディアのマイルストーンについての2003年の報道を通じてウィキペディアを知り、それ以来、ウィキペディアが彼の新たな趣味となりました。まずドイツ語版ウィキペディアに参加し、すぐにまだできたばかりだった中国語版ウィキペディアに転じました。ドイツ・フランクフルトで開催された初回ウィキマニア(Wikimania 2005) ではパネルディスカッションで中国語版コミュニティの紹介を行いました。台北で開かれた第三回ウィキマニア(Wikimania 2007)の運営も手伝いました。



ジミー・ウェールズEdit

 
ジミー・ウェールズ (Jimmy Wales)

ジミー・ウェールズはインターネット起業家、ウィキの熱烈な支持者で、また、ウィキペディアの創設者でもあります。

ジミーは1966年アラバマ州ハンツヴィルに生まれ、オーバーン大学とアラバマ大学に学びました。シカゴの先物オプション取引会社シカゴ・オプションズ・アソシエーツに調査ディレクターとして勤務しました。ウェールズはまたアイン・ランド客観主義哲学を高く評価しています。1990年代半ば、ウェールズはポップカルチャーに焦点を当てた検索ポータル、ボミスを開始しました。はじめてオープン・ディレクトリ・プロジェクトのフリー・ライセンスされたデータを利用した企業でした。

1999年にジミーはフリーで配布される百科事典の構想を持つようになり、ヌーペディアを設立しました。ヌーペディアのために哲学者ラリー・サンガーが編集長として雇用され、2人のプログラマがヌーペディアのためのソフトウェア制作に従事しました。ヌーペディアの失敗は、主にトップダウンの「伽藍方式」を取ったことにあります。これはウィキペディアの取る、徹底した「バザール方式」の対極にあるものです。ヌーペディア構想に2年間費やした後、コンテンツ作成補助のためにウィキペディアが設けられました。ウィキペディアはまたたく間に予想とは違った形で成功を収めました。そして、ヌーペディアは閉鎖されたのです。2003年、ジミーはウィキペディアやその姉妹プロジェクトの支援のために、フロリダ・タンパに非営利団体のウィキメディア財団を設立しました。

2004年には Wikia を設立しました。2005年中旬にはハーバード・ロースクールのバークマン・センター・フォー・インターネット・アンド・ソサエティ・フェローに任命され、2005年10月、ウィキの技術をビジネスに提供することを目的としたソーシャルテキスト (Socialtext) の取締役会の一員となりました。フロリダ州セント・ピータースバーグに住んでいます。


ステュ・ウェストEdit

 
Stu West

ステュ・ウェストは、ウィキメディア財団理事会に2008年4月に加わり、財務担当理事を務めています。2010年7月から2011年8月までは副理事長も務めました。

ステュ・ウェストには18年以上の財務経験があり、Yahoo!, TiVo, InfoSpace を含む株式公開企業における上級管理職、また J.P. モルガン銀行の投資部門を経験しています。国連の米国代表部での勤務経験もあり、イェール大学では二十世紀外交史を専攻し B.A.を取得しました。米国と英国の二重国籍を持ち、現在はサンフランシスコの湾岸地域に住んでいます。

Samuel KleinEdit

Template:Board member infobox Samuel Klein (born in 1978 in New York) was elected to the Wikimedia Board in August 2009. He currently lives in Cambridge, where he leads local content creation and develops global advocacy for One Laptop per Child, a non-profit educational organization dedicated to providing access to knowledge and communication networks to children everywhere. He has worked with children and teachers in Peru, Uruguay, and Nepal to organize content and software jams and to teach others what they learn.

Samuel has been involved in Wikipedia and other Wikimedia projects for 6 years. He has spent much of that time writing and speaking about the Projects. In 2005 he published a Wikimedia newsletter in 6 languages, and served as a cross-project translation lead. He also served on the Communications and Special Projects Committees in their first year. He founded the Boston-area Wikipedia group, and organized the bid and local team that hosted the Wikimania conference there in 2006. He works on offline Wikipedia distribution, including the WikiBrowse project.

Samuel studied Math and Physics at Harvard University, and is an Associate of Harvard's Berkman Center for the Internet and Society. He spent time teaching and developing software for facilitating translation and community-building before working on universal education.

More information about Samuel is available on his Wikipedia user page.

Jan-Bart de VreedeEdit

Template:Board member infobox Jan-Bart de Vreede joined the board in December 2006 and currently serves as Vice-chair of Wikimedia Foundation since August 2011, a position he also held from January 2007 until July 2010.

Working at the Kennisnet Foundation allowed Jan-Bart to spend time promoting the use of wiki software and Wikimedia projects in education, amongst other things. The Kennisnet Foundation is a publicly funded Dutch organisation. At Kennisnet Jan-Bart is responsible for the Kennisnet communities. He has been involved with Wikimedia since 2004, through his role as a Board member and his work at Kennisnet. He has attended and spoken at all of Wikimania conferences.

He is currently involved with the Wikiwijs project within the Netherlands. This is a countrywide initiative aimed at encouraging teachers to develop and share Open Educational Resources.

Jan-Bart de Vreede spent most of his childhood in the Netherlands, also living in Sri Lanka, the Maldives, Kenya and the United States. He studied Business Administration at the Rotterdam School of Management. He has three children: Anna (1), Matthias (6) and Ruben (9).

Kat WalshEdit

Template:Board member infobox Kat Walsh is a Wikimedian from Herndon, Virginia, just outside Washington, DC. An attorney and legal researcher, she is licensed to practice before the US Patent and Trademark Office, and has a focus on copyrights, patents, and technology policy. Her particular interests are free content licenses, software freedom, access to knowledge, and freedom of speech.

Kat has been a volunteer since 2004, and member of the Wikimedia Board of Trustees since 2006. She has been a speaker and workshop presenter at numerous conferences on topics including Wikimedia, privacy, copyright, volunteerism, and online collaboration. She is also a classical bassoonist and violist, performing regularly in orchestras and chamber ensembles around the Washington, DC area. Kat has a JD from George Mason University and a BA from Stetson University.

Arne KlempertEdit

Template:Board member infobox Arne Klempert was born in 1972 and studied social sciences at the University of Frankfurt in Germany. He has 15 years of professional experience in traditional and digital communications. He's now working as Director Digital for Fleishman-Hillard Germany.

Arne joined Wikipedia in 2003 as an editing community member. A few months later he became press contact of the German Wikipedia (2004-2008). Arne was co-founder and Vice President of Wikimedia Deutschland (2004-2006), co-organizer of the first Wikimania (2005), and the first employee of a Wikimedia chapter - as Wikimedia Deutschland's Executive Director from 2006 to 2008.

Matt HalprinEdit

Template:Board member infobox Matt Halprin was appointed to the Wikimedia Board in August 2009. Matt has more than 20 years of business experience. Currently, Matt is Executive Vice President, Strategy and Corporate Development at Ning, the world's largest platform for creating custom social networks. Previous to Ning, Matt was Partner at Omidyar Network, the founder of eBay's philanthropic investment firm. There he led the firm's investments in technology platform organizations in Social Media, Marketplaces, and Government Transparency. Prior to Omidyar Network, Matt spent six years at eBay. As Vice President, Global Trust and Safety at eBay, he led a team of 90 statisticians, policy managers, and product managers. Prior to eBay, Matt served as a Partner and Vice President at the Boston Consulting Group, where he worked with technology clients on issues of strategy and corporate development.

In addition to the Wikimedia Foundation, Matt serves on the board of Management Leadership for Tomorrow, which supports the next generation of minority leaders in the United States. He has previously served on the boards of the Sunlight Foundation, DonorsChoose.org and Goodmail Systems. He graduated with High Distinction as a Baker Scholar from Harvard Business School and holds a BS in mechanical engineering from Stanford University.

Bishakha DattaEdit

Template:Board member infobox Bishakha Datta joined the Wikimedia Board in March 2010. Currently the leader of India-based non-profit Point of View, she brings two decades of diverse, international experience as a non-profit practitioner, journalist and filmmaker dedicated to disseminating women's perspectives through media, art and culture. She has worked with organizations from around the world including Kenya, Uganda, the United States, Denmark and the United Kingdom. Bishakha received an MA in Communications from Stanford University, as well as an MA in English Literature and BA in Economics from Mumbai University. She lives and works in Mumbai.

Phoebe AyersEdit

Template:Board member infobox Phoebe Ayers joined the board in July 2010 and has served as Executive Secretary since August 2011. She is a reference, instruction and collections librarian at the University of California, Davis, specializing in computer science and engineering information resources. Her interests include open access and access to scientific knowledge, the effective use of collaborative tools (such as wikis) within communities, and how trustworthy information and knowledge is created and used both on- and off-line. She has a BA in English literature and history and a MLIS from the University of Washington, Seattle.

Phoebe has been a Wikimedian since 2003, when she made her first edits on the English Wikipedia. Starting in 2006 she has been heavily involved in the planning of the annual international Wikimania conference, assisting with organization and facilitating the jury that chooses the conference location. She was also a member of the Special Projects Committee in 2006, has been a contributing writer for the English Wikipedia newsletter "The Signpost", has organized local meetups and events, and has given many talks about Wikipedia for library groups and others. She has also been involved in the wiki research community, chairing WikiSym 2010.

In 2008, she co-authored a book about the English-language Wikipedia titled "How Wikipedia Works: and How You Can be a Part of It" (No Starch Press). The book covers using, understanding, and contributing to Wikipedia; it is freely licensed and is only the second book in English to be published about the site.

Former membersEdit

詳細は次を参照: Former Board of Trustees members

Further readingEdit




ヤン=バート・デ・フレーデEdit

 
Jan-Bart de Vreede

ヤン=バート・デ・フレーデは2007年1月14日よりウィキメディア財団の副理事長です。ヤン=バートは2006年にウィキメディア財団理事会に入りました。

ケニスネット基金 (Kennisnet Ict op School Foundation) 職員として、デ・フレーデは、なによりもウィキソフトウェアとウィキメディアプロジェクトの教育的利用の促進に力を尽くしてきました。ケニスネット基金はオランダの公益団体で、教育現場での情報コミュニケーション技術利用を促進する活動をしています。ケニスネット基金における仕事を通じて、デ・フレーデは2004年からウィキメディアに関わり、いままで3回のウィキマニアには発表者として参加してきました。

デ・フレーデは少年時代をほとんどオランダで過ごしましたが、スリランカ、モルディブ、ケニヤ、アメリカ合衆国にも住んだことがあります。デ・フレーデはロッテルダム経営大学院で経営学を学びました。


キャット・ウォルシュEdit

 
キャット・ウォルシュ

キャット・ウォルシュは活動歴の長いウィキメディアンで、ワシントンD. C.に近い米国ヴァージニア州ハーンドンの出身です。ウォルシュは現在ジョージ・メイソン大学ロースクールに在学中で、技術および知的財産法を専門にしています。

ウォルシュは2006年2月から8月まで、ウィキア社のコミュニティ・サポート・チームの一員として勤務していました。現在はウィキメディア財団のコミュニケーション・コミッティの一員となり、ウォルシュはたびたびウィキメディアプロジェクトに関する取材に対応し、寄せられるメールへの応対をしています。2005年10月に英語版ウィキペディアの調停委員に任命されましたが、理事就任に伴い辞任しました。ウォルシュはまたファゴット奏者でもあり、ステットソン大学より音楽学士を受けています。



以前の理事会メンバーEdit

update needed

アンジェラ・ビーズリー(2004年6月-2006年7月)
2003年2月よりウィキメディアのプロジェクトに参加し、最初のウィキメディア財団理事会の一員となりました。現在は諮問委員会委員長を務めています。ウィキをホストする事業を展開するウィキア (Wikia) の創業者、またコミュニティ部門副長であり、Wikis: Tools for information Work and Collaboration (2006) の著者でもあります。ウィキペディアに関わる前は、教育研究者、また児童評価法の研究者でした。
アンジェラは辞任するまで理事を務めました。後任は2006年9月26日に選出されました。
アンジェラについて: 英語版ウィキペディアの伝記 | Wikia, Inc.
マイケル・デイヴィス(2003年-2007年11月)
マイケル・デイヴィスはウィリアムス・カレッジシカゴ大学に学びました。シカゴにある先物オプション取引会社シカゴ・オプションズ・アソシエーツの最高経営責任者を経て、現在はコミュニティに重点を置いたウィキを提供するウィキア (Wikia, Inc.) の最高業務執行責任者です。フロリダ州セント・ピータースバーグ在住です
マイケルについて: Wikia, Inc.
エリック・メーラー(2006年7月- 2007年12月)
エリックは2008年1月にウィキメディア財団理事会より財団副事務長になりました。エリック・メーラーは2001年よりウィキペディアに活発に参加しており、それをささえるMediaWikiにもさまざまな貢献をしてきました。メーラーはウィキメディアのプロジェクトのひとつ、ウィキニュースの提案をまとめ、提案の補訂のために投票を開催しました。ウィキメディアに雇用されるまえは、メーラーはフリーのジャーナリスト、ライター (Die heimliche Medienrevolution: Wie Weblogs, Wikis und freie Software die Welt verändern) であり、ウィキ関連ソフトウェアの開発プロジェクトのマネージャーでした。コンピュータ科学の学位を得ています。ウィキメディアでの活動以外には、フリーコンテントやフリーソフトウェア活動の促進し、知的財産権法の利害調整をはかっています。ウィキメディア財団で地位を得ている間、メーラーはベルリンに居住しています。
エリックについて: ユーザ・ページ
ティム・シェル(2003年-2006年11月)
ティム・シェルはインターネット起業家で、ウィキペディアに典型的に現れる自己組織化と脱中心的秩序に関心をもっています。1996年にはコンピュータ科学の学位を取得するべく勉強中でしたが、進路を変更してビジネス界に入り、ジミー・ウェールズとともにボミス社を旗揚げしました。シェルはかつてシカゴ、フロリダ、サンディエゴに住んだことがあり、現在はラス・ベガスに住んでいます。2006年12月15日、シェルは理事を辞任しました。
シェルについて: 英語版ウィキペディアの伝記
オスカー・ファン・ディレン(2006年11月-2007年6月)
オスカー・ファン・ディレンは、ウィキペディアをはじめとするオランダ版プロジェクトで編集者・ビューロクラットとして活動しています。ファン・ディレンはまた2005年5月からスチュワードとなり、多言語のいろいろなプロジェクトを支援しまた助言を与えています。ファン・ディレンはウィキメディア・スペシャル・プロジェクト・コミッティーの一員でもあり、財団の助成金獲得・拡大のための努力の監督・他の団体との協力関係の推進などに携わっています。ファン・ディレンは音楽家・作曲家であり、ワールドミュージックの作曲理論やジャズ理論をロッテルダム音楽院ジャズ・ポップス・ワールドミュージック部門で教えています。
ファン・ディレンについて: 英語版ウィキペディアの伝記, ユーザ・ページ
フロランス・ニバル=ドゥヴアール(2004年6月-2008年7月)
2006年10月21日に理事長に選出され、2008年7月まで理事長を務めました。
フロランスはフランスのヴェルサイユに生まれ、グルノーブルで育ち、それ以来幾つかのフランスの都市、ベルギーのアントワープやアメリカ合衆国アリゾナ州テンペに住んだ経験をもちます。フロランスは農学技術者 (ENSAIA) であり、遺伝学および生物工学で DEA(専門研究課程《博士課程第1年度》修了証書、農業工学分野)を取得しています (INPL)。一番目に花植物の遺伝的改善、二番目に汚染土壌の生物的環境浄化の可能性について微生物学の公的研究に従事しています。つい最近まで、フランスのある会社に勤務し、持続可能な農業についての意思決定ツールを構想する仕事に従事していました。ウィキペディアには2002年2月から関わり、ハンドル Anthere で活動しています。フロランスは現在39歳で、クレルモン・フェランに住んでいます。家族は夫ベルトランと3人の子ども、10歳のウィリアム、8歳のアンヌ=ガエール、2006年に生まれたトマの4人です。
フロランスについて: 英語版ウィキペディアの伝記, ユーザ・ページ
フリーダ・ブリオスキ(2007年7月-2008年9月)
イタリア人のフリーダ・ブリオスキはウィキメディア財団理事会に2007年7月に加わり、2008年9月に辞任しました。ブリオスキはウィキペディアや他のウィキメディア・プロジェクトに2003年5月以来参加しています。2005年6月には国別協会ウィキメディア・イタリアの設立に関わり、設立以後、2007年9月まで理事長を務めてきました。


Template:IndexJa