グローバル不正使用フィルター

This page is a translated version of the page Global AbuseFilter and the translation is 79% complete.
Shortcut
GAF

不正利用フィルター拡張機能グローバル不正利用フィルターは現在、すべてのウィキメディアプロジェクト(明示的にオプトアウトしたプロジェクトを除く)で有効になっています。RfCに従い2023年7月に実装されました。以前(2014年-2023年)は、中小規模のプロジェクトとオプトインした大規模プロジェクトでのみグローバル不正利用フィルターが有効でした(RfC参照)。これにより、ウィキを横断する荒らし行為やスパムへの対応が大幅に改善され、同時にこれらのグローバルな行為に対するコミュニティの管理も強化されます。

技術的な詳細

グローバル不正行為フィルターは権限のある利用者(スチュワードとメタの管理者)にフィルタの作成と改良、削除をみとめており、ウィキメディアのほとんどのプロジェクトで有効です。個別のフィルタごとにどのウィキに影響するか、特定の一覧ごとに含めるか除外するか 設計できます。 個別のフィルタがどのプロジェクトに影響するか決める要素はフィルタのターゲットで、 またフィルタが無効であるべきプロジェクトでは有効になっていないことを確認します。グローバル不正行為フィルターはメタにホストし、改変ができるのはabusefilter-modify-global 権限のある利用者に限定されます。ローカルのフィルタ同様に、グローバルなフィルタも無効にしたり秘匿としてマークができます。

詳細なログはフィルタ外部リンクローカルでもグローバルでもそれぞれの権限により閲覧でき、つまりローカルの不正使用フィルタはローカルのコミュニティの裁量でログの設定をし、グローバルの場合はそちらの基準を設けることができます。

グローバル不正使用フィルタには以下のオプションがあります。

  • グローバルフィルターが発動したすべての操作を記録する機能
  • さらなる検証のためにローカルウィキの編集をタグ付けする機能
  • フィルターが発動した利用者に警告を行う機能
    • この機能がどのように動作するのかまだわかっていません。
  • グローバルフィルターが発動した場合、ローカルウィキでの操作を防ぐ機能。
  • フィルターが発動したプロジェクトを識別する変数。

The exact changes to implement the filter can be seen in this code entry and this Gerrit change.

ローカルに無効にする処理

不正使用フィルタによっては、 処理に[1] から $wgAbuseFilterLocallyDisabledGlobalActions が加わりました。変更前は、これらの対処操作をグローバル不正利用フィルターに適用しないという慣例で管理されていました。

グローバルな不正使用フィルタのうち、以下のローカルに無効にした処理を発動させた場合、ヒットしたログはつけても無効にした処理は実行しません。

  • blockautopromote
  • block
  • rangeblock

方針の詳細

Global AbuseFilters are used to prevent spam and vandalism across many Wikimedia wikis. As such, they should only be made to stop patterns that affect many wikis. Global filters must be as specific as possible, and should be enabled for the shortest possible time. An exception to this policy are filters designed to just tag edits and not take further action. These filters can be left up indefinitely, since their purpose is to filter edits for further review and they do not take any automatic actions.

実装のタイムライン

Global abuse filters were first enabled on metawiki, mediawikiwiki, and the testwikis on February 2013.[2] On September 2013, it was enabled on three additional wikis: incubatorwiki, specieswiki and outreachwiki.[3] On January 25, 2014, global abuse filters were enabled on all small wikis.[4] Global abuse filters were enabled on all medium-sized wikis on November 2014.[5] The private and fishbowl wikis are excluded.

In June 2018, global abuse filters were still enabled on all small wikis and all medium-sized wikis, but also on some big wikis: enwikisource, frwiki, ptwiki, specieswiki, wikidatawiki (with specificities in the main and Property namespaces), incubatorwiki, mediawikiwiki, metawiki, testwiki and test2wiki.[6] In July 2023, global abuse filters were enabled on nearly all large Wikimedia projects,[7] except projects explicitly opted out.[8]

オプトアウトしたプロジェクト

グローバル不正利用フィルターが有効ではないウィキメディアプロジェクトの一覧です:

Wikis that wish to be excluded from the framework of global abuse filters can do so by achieving a consensus of the community and then creating a Wikimedia site request in Phabricator. Before doing so, it is important to understand that disabling global abuse filters may allow for more vandalism to go through. It is advisable to consult Special:AbuseLog before deciding to disable global abuse filters on a wiki.

アクティブなフィルター

完全な一覧はSpecial:AbuseFilter参照。

注記