コミュニティ技術

This page is a translated version of the page Community Tech and the translation is 60% complete.
Outdated translations are marked like this.

コミュニティー技術はウィキメディア財団のチームで、コミュニティー要望アンケートを運営しています。経験豊富な利用者に向けてキュレーション※1やモデレーション※2のツールを構築・改善し、ボット運用者の支援などを手がけています。このチームは、活発な貢献者からの依頼を受けて設立しました。当チームは編集者やボランティア開発者、ウィキメディアの他チームと密接に連携しています。(※:1=キュレーションとは情報収集と整理)。2=モデレーションとは内容チェックと評価付け。)

現在のプロジェクト

プロジェクト プロジェクトの現状
差分からコピー&ペースト
   完了
関連トークページの削除(復元)
   完了
曖昧さ回避ページへのリンク付けをしようとすると警告
   完了
ウィキ文でリアルタイムプレビュー(即時確認)を実現
   開発中
IPA用に音声を作成
   開発中
ウィキデータに書誌学的なボットを導入
辞退

関連項目: 2021年コミュニティ要望調査 · 2021年の成果

チームの使命

運動の技術的なプラットフォームの必要性を洗い出し、必要なツールを従事する貢献者と共に構築し支援することです。

価値

  • 知識:何かについて知っているという事実。特定の主題、場所、状況その他に関する大まかな理解や親和性。
  • 親切であること:相手をいつくしみ、礼儀を守り、友好的で寛大、穏やかで異論を受け入れ、相手の立場を理解しようとする人、あるいは温かな心や気質を備えた人で、心構えの特徴は他者への思いやり – に加えて役に立とうとする志 – があることです。
  • コラボ (協働すること):他者と力を合わせて共通の目的を達成すること。

情報更新

詳細は次を参照: Community Wishlist Survey/Updates

2022年5月3日: 提携プロジェクト群にリアルタイムプレビュー導入(即時表示確認)

We have launched a version of the Realtime preview feature to Polish Wikipedia. Its community has agreed to partner with us and give us feedback on how to improve it before we launch to the rest of the users. Please find our complete Release Plan. 詳しく読む

2022年2月15日:2022年分の集計結果

コミュニティ要望アンケート 2022※1は〆切りました。今年の開催に参加してくださった皆さんのおかげですし、票には現れていなくても特段の活躍をしてくださった皆さんに担当一同より改めて深謝申します。皆さんのご尽力がなければここまで来ることはできませんでした。(※1=Community Wishlist Survey)

それで、次はどうなるの? 今回の投票について優先順位をつける手順、ありあわせて優先課題の順位の確認をぜひどうぞ。 詳しく読む

2021年11月8日:曖昧さ回避ページへのリンクをたどった際のアラート

We have an update about the wish. We have finished user tests. 詳しく読む

私たちがすること

私たちは主にコミュニティー要望調査に取り組んでいます。年に一度のプロジェクトであり、ウィキメディアのすべてのウィキから、編集者が最も変更の実現を望む課題を集めます。

私たちは、積極的な貢献者の役に立ち、比較的小さなタスクに取り組んでいます。特に、私たちは以下のような人々を支援します。

  • ウィキメディアのプロジェクトの管理や情報収集と整理にあたる人たち。
  • テンプレート、モジュール、ガジェット、利用者スクリプト、ボットなど、ウィキのための技術的機能にたずさわる人たち。

ときには、他のプロジェクトに取り組むこともあります。これは、要望調査では充分に支持されなかった小規模グループを支援するために行っています。

対象となるタスクには次のものが含まれます。

  • ガジェット、ボット、ウィザードを作成して、ユーザーがこれまでに実施した作業を支援すること
  • すでにあるガジェットやボットを修正して、より多くのプロジェクトで使えるようにすること
  • コミュニティが作成し使用頻度が高いコード(ガジェットとユーザースクリプト)を変換し MediaWiki ソフトウェアに組み込めるようにすること
  • ウィキメディアのプロジェクト群で役立つツールを作ること
  • 熟練の利用者向けのツールで昔からあって重要度が高いものの問題を解決すること、たとえば不正行為フィルタ AbuseFilter あるいは出典ボットなど
  • これらのツールをもっと有効に活用できるように、より優れた解説文書を書くこと

次のものは対象ではないタスクです。

  • Maintaining orphaned/abandoned projects from other WMF teams.
  • Supporting internal needs of WMF teams.
  • Large, long-term development projects like converting Commons to use structured meta-data or creating an entirely new watchlist interface.
  • Being the point of contact for all community technical requests.
  • Sysadmin type tasks such as managing Toolforge, improving site performance, creating new wikis, managing IRC channels, etc.

We uphold the civility standards set by the Terms of Use. We observe and maintain the friendly space expectations for Grants spaces in our interactions. We ask that all contributors to Community Tech spaces do the same.

For a more detailed breakdown of the team's current work, check our Kanban board in Phabricator.

チーム


コラボレーション

コミュニティ技術チームはWikimedia Deutschlandのコミュニティ技術チーム - Technischer Communitybedarf (TCB) - と同様の任務を持ち、ドイツのウィキメディアコミュニティのために技術支援とソフトウェア開発を提供するチームです。私たちはチーム間で重複するプロジェクトで彼らと協力し、技術評価やコードレビューで互いに支援し合う予定です。また、優先度の高いコミュニティ依頼がその範囲内にある場合は、他のWMF開発チームと協力する予定です。このような場合、他のチームのリーダーと協力して、スケジュール、期待値、優先度、所有権について交渉します。私たちはまた、ウィキメディアのボランティア開発者とともに働き、支援することに多くの時間を費やします。

Engaging with Community Tech

We triage and track our work in Phabricator. Outside the annual Community Wishlist Survey, use the following Phabricator templates to log feature requests and bugs for the tools we maintain:

We review and triage new requests on a biweekly cadence.

ガイドライン

私たちは次のことを重視します。

  • 大きなインパクトがあるプロジェクトに取り組む
  • 多くの言語で書かれた大きなウィキから小さなウィキまで支援する
  • オープンでしっかりコミュニケーションをとる
  • 人々の要求や関心に対応する
  • 落ち着いて礼儀正しく、他者の善意を想定する

We're a small team, and there's a lot to do! We want to be as helpful and effective as we can, so we can't take everything on. Saying no to requests that we can't help with is an important part of our job, because it frees up time and energy for the requests that we can help with.

But "no" is hard to hear sometimes, so here are some guidelines about working and communicating with the Community Tech team.

  • Please be calm and civil, and assume good faith on our part. We care about the projects too.
  • We love our jobs and we work hard, but we don't work 24/7, and we can't guarantee an immediate response.
  • If a specific person or issue is taking an outsized percentage of our on-wiki time, that takes time and attention away from other people. We'll sometimes have to close a conversation, and say that we can't spend more time on a particular subject.
  • We can't take on projects that are currently on another product team's roadmap, or a project that directly conflicts with another team's work.
  • If there's an issue with another product team's work, we can direct you to the appropriate person to talk to.
  • We can't answer questions about staffing issues, or confidential matters.

Our process for defining our Values and Mission

In a collaborative session we all came together as a team to work towards being able to formulate our mission statement. To get there we first tried to think about which values we most care about individually to then see where they overlap, because we wanted to make sure that they are truly with us as a group of humans.

Three values stood out to us, which are: Knowledge, Kindness and Collaboration

Values statements itself are pretty broad and can be interpreted differently so we discussed them thoroughly to understand what behaviours they actually translate to, we’ll summarise here quickly what we mentioned:

Why do we care about Knowledge?

We do not want to be protective of our knowledge. If we discover something or implement something new we would like to write about it, let others know compassionately. If we make a decision, document it and explain the reasons. This is especially important because we want to be welcoming people to join the movement as new contributors or team mates.

Why do we care about Kindness?

We are conscious that we can never know what struggles others might be facing, always remember that we may not be aware of the whole picture. By being considerate and courteous to one another we ensure that we all feel included and encouraged to work more openly with one another. In addition to that being kind can mean being clear about if and how we can help or resolve a problem.

Why do we care about Collaboration?

Collaboration is the backbone to what we do and fosters innovation by combining ideas from different viewpoints. When giving explanations we want to be detailed and link to more info wherever possible, to make sure our explanations are meaningful to others. We welcome and actively seek ideas & feedback and questions from each other, WMF, and the community.

Mission statement

Having our values and beliefs in mind we further thought about what our mission statement might be. What are our responsibilities towards the movement, the community and towards each other and what connects us to the CommTech team. Are we just building some tools or is there any greater duty that motivates our work? This one summarised our opinions best:

We surface the movement's technical platform needs and build and support needed tools with engaged contributors.

As we want to contribute to the increase of the movement’s inclusiveness and growth, we surface the needs of the contributors, as long a they are of technical nature. Some of the tools we build ourselves, while we communicate others to the foundation to increase awareness of these needs across different teams.

Strategy

One of the challenges our team faces is that we touch many different codebases and existing tools, that we don’t know well, therefore we currently have two main initiatives:

コラボのイニシアティブ

The need to collaborate and work closely with others at higher frequency than other teams is quite evident to understand other team’s work, if we touch existing codebases, and to make sure our tools are implemented in a way that matches their way to work.

The goal of this initiative is to improve knowledge sharing and collaboration across teams and within teams and find ways to check in with other devs before implementing work to make sure we don’t build things from scratch that have previously been implemented. In addition to that we know we can build more innovative solutions by allowing for more collaborative programming sessions. We thought of ways to encourage for more cross team collaboration for engineers i.e. by allowing temporary exchange for engineers across teams, by reserving weekly internal collaborative programming sessions that engineers from other teams can visit and add to the agenda of these sessions.

In April 2022 we had an internal hackathon where we work on a series of proposals from this years wishlist and invite other teams to join us for a week. Often times specialists for certain fields are already existent in other teams and working on different projects for a week can increase the sense of belonging within the engineering team and have a positive impact on collaboration in the future.

メンテナンスのイニシアティブ

当チームが管理するプロジェクトの一覧がどんどん拡大するにつれて、本来の優先事項に集中しにくくなってきました。

We do want to provide maintenance for our work, but want more structure for how we provide it. We are currently reviewing our approach to maintenance and are considering restructuring out strategy towards maintenance. We will continuously update you about our approach and we are discussing here.

前述の変更を実施には、内部で方法を決めて 意思決定の過程を記録に残しています

説明文書作りのイニシアティブ

詳細は次を参照: Community Tech/Documentation

他のチームの作業を理解しようと、当チームでは目新しいコードベースにしばしば目を通しています。優れた解説文書とは、導入の詳細ばかりか他チームほかの制作物の目標や困難点をわかりやすく伝えるために不可欠です。本当に質の高い解説文書はどう書けば良いか、当チームは一丸となって先例になろうと志していて、(制作物の)初期導入より前に解説文書を書き、さらに作業進行と連動させて回を重ね、他のチームに更新を伝えていきたいものです。そのために、他のチームでそれぞれの制作物をどう解説しているのか注目して調べており、他のチームのやり方と共通の方法を見つけようとしています。解説文書はコードのすぐそばに置くのが良いと考えます。

コラボ作業を介してプログラムのセッションを進行する場合に使えるよう、ガイドに推奨事項をまとめておきました。

現状、解説文書はコードとは別に Mediawiki.org に分離されていて、手動で読みに行く必要があります。当チームは趣旨のひとつに「知識」をあげており、説明文書は明確に提供して他のチームからも知見、つまり、それぞれが開発したツールの導入方法の詳細、設定ガイド、利用事例などを共有してもらいたいと想定しています。この目標を達成するには、次の段階を経る所存です。皆さんが貢献される解説文書もコードもどちらも重視しており、コードと解説文書は同じリポジトリに保管して解説文書のリリース要件を満たし、さらにコードと解説文書両方の投稿プロセスを同期させ、(コードという)作品を文書で解説する作業が楽になるように、またコードを書きながら並行して処理できるようにしたいところです。

ユーザーガイド

出典用のテンプレート

  • Preferred Name:
  • How to talk to me:
  • (Optional) Pronouns:
  • (Optional) Things I like:
  • (Optional) Things I’m bad at:
  • (Optional) Annoying things I do:
  • (Optional) How to cheer me up when I am grumpy:
  • (Optional) Hot takes:
  • (Optional) Anything else you should know about me:

次の利用者ガイドをご参照ください。

その他の情報

サブページの一覧

Pages with the prefix 'Community Tech/ja' in the 'default' and 'Talk' namespaces:

Talk: