Open main menu
This page is a translated version of the page Programs & Events Dashboard and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Gàidhlig • ‎Tiếng Việt • ‎dansk • ‎español • ‎euskara • ‎français • ‎italiano • ‎português do Brasil • ‎română • ‎русский • ‎українська • ‎العربية • ‎فارسی • ‎مصرى • ‎नेपाली • ‎हिन्दी • ‎বাংলা • ‎ଓଡ଼ିଆ • ‎ไทย • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어

プログラムとイベント用ダッシュボード

ウィキメディア・プログラムの管理と記録を1カ所で楽に。

プログラムとイベントのダッシュボードはウィキプログラムやイベントの管理を助けるツールです。

ウィキプログラムを開くことになり、それが例えば特定のコンテンツを改良するウィキ編集競技会だったり、地域のコミュニティセンターで開くウィキ編集会だとします。どちらのケースでも、ダッシュボードは以下の役目を果たします。

  • 参加登録ボタンがあり、プログラムに参加希望を伝えるのに使う。
  • 記録の機能を使って、主催者はプログラムの成果を測りレポートをまとめる。

ダッシュボードにはまた、インターネット上の嫌がらせ行為に対処したりイベントで安全を保ったりするなど、ウィキメディア財団のtraining modulesがあります。

誰が使うためのツールか

このツールをhttps://outreachdashboard.wmflabs.org/で開いてみましょう。

ツールが想定する利用者は3種類 - プログラムの主催者、参加者と傍観者です。主催者はイベントのページを開設してイベントの内容を説明し、ウィキメディアに利用者登録した人に広く呼びかけて参加者登録を促します。登録を済ませると、利用者にイベントのページを開く必要はありません。プログラムが終了すると、主催者は結果報告を入手するためにページを開きに戻ってくるものの、1回で済ませる例がほとんどです。傍観者も利用者ですが、イベントに参加はしないでプログラムの結果に関心があります。

もしツールに関連する全般的な組織運営や管理業務に手を貸したい場合は、管理者に立候補できるようになりました!

企画の主催者にとって

主催者はツールを使ってイベントページを開設します。ツールはプログラムに関するさまざまな情報を共有するように、主催者を促します。参加者はこれを後で閲覧できます。

主催者には特別な利用者権限が与えられ、例えば手動でプログラムの参加者を追加/除外したり、イベントページの登録を開始/終了したり、成果報告書を作成したりできます。

主催者になる人のタイプ:

  • 講義要綱(シラバス)にウィキペディアを教材に使うと示した教育関係者で、受講生のコンテンツ編集を観察したい人。
  • GLAM(文化機関)のイベント主催者で、コンテンツの読み込みや編集を観察したい人。
  • 提携団体の職員で、エディタソン他のイベント運営者。
  • ダッシュボードを使って参加者の集団が進めるコンテンツの編集過程を観察したい人。

(その他の使用事例があるはずなので、を知っている場合は加筆をお願いします。)

参加者にとって

参加者はプログラムの一員として自ら登録できます。多くの場合は参加登録を済ませるだけですが、主催者に推奨されると、イベントページ上でそのプログラムの関係者同士の共同作業を行う場合があります。

既存のプログラムへの登録手続きはこちらのページで説明しています

傍観者

主催者、参加者および関連のない第三者は成果報告書を閲覧するためにダッシュボードを開くことができます。

現在の機能では、報告書を非公開にはできません。

ガイド

操作の詳細な説明

ダッシュボードの操作の詳しい説明はguidelineを参照してください。

よくある質問

FAQを参照してください。

用語解説

プログラムやイベントを話題にするには、用語を共有すると便利です。ウィキメディアのプロジェクト管理者なら誰でも、以下の専門用語を覚えておくと役に立つと思われます。

  • ダッシュボードとはこのページで説明するツールの名称。
  • プログラムとはウィキプロジェクトのうち、ダッシュボードでトラックする対象になるもの。
  • イベントページとはイベントの参加登録をする、ダッシュボードの待ち受けページのこと。実際には顔を合わせない場合もあることから、ダッシュボードで「プログラムページ」という一般的な呼び方をすることもある。Facebookやmeetup.comなどのアプリで「イベントページ」と呼んでいるツールが作成するものは、ウィキに相当する。
  • 主催者とはイベントページを1件作成する人のこと。技術面でそのページをコントロールする権限を持つ。
  • 進行役 (facilitator) はイベントの主催を共同で行う人で、やはり技術面でイベントページをコントロールする権限を持つ。イベントページを「所有」するのは主催者であって、進行役ではない。
  • 参加者とはイベントページで参加登録し、プログラムへの参加を表明する人のこと。
  • キャンペーンとは単体のプログラムを組み合わせてまとめたもののこと。ダッシュボード上の各プログラムには主催者がいて、キャンペーンは複数のプログラムを含んでいる。
  • キャンペーンの主催者とは、複数のプログラムをまとめる分類システムの管理者のこと。その人がキャンペーンに含まれるプログラム全体の総括報告書を作成することもある。
  • 傍観者(オブザーバー)とはダッシュボードの報告書にアクセスした人のこと。前出のすべての人も含まれ、さらにプログラムの情報を閲覧することのほかに関連性のない第三者も対象とする。例えばデータを閲覧したウィキメディア財団職員や、いわゆる研究機関であればどこも対象になる。ウィキメディアのコミュニティで日常的に行う通り、データはほぼすべて開示される。
  • 管理者とはダッシュボードの高度な権限を付与された利用者のことを指します。さまざまなツールに加え、キャンペーンやプログラムの編集と削除、主催者や団体の追加と除去ができます。自分以外の利用者を全般的にサポートする役割もあります。

使用事例

すべての使用事例に共通して、プログラム参加者の登録と、プログラムの成果指標の報告が必要です。

使用の事例をいくつかご紹介します。

  • あるウィキの投稿者が図書館で、直接顔を合わせるミーティングを計画し、一緒にウィキメディアのプロジェクトに投稿する人を無条件で募集します。このイベントでは調整者から参加希望者に「参加」ボタンを押すように指示があります。イベントの終了後に調整者は成果報告を確認します。報告には参加ボタンを押した参加者と、各人の成果としてウィキペディアの編集回数、コモンズへのファイルの読み込みあるいはその他、言語版を問わずあらゆるウィキプロジェクトへの貢献を記述します。また報告には参加者全員が成し遂げた総合的な貢献のまとめもあります。報告書の一例として次の記述をあげます。「参加者10名。このグループはイベントにおいて、英語版ウィキペディアの記事8件に編集を60回行いました。」
  • 特定の図書館で開くウィキペディアのミーティングの代わりに、学内でクラスの学生と一緒に類似の機会を開催します。学生は全員、プログラムに参加登録します。クラスがウィキプロジェクトに関わるのは学期末までです。指導者は学期末にレポートを考査し、学生のプロジェクト参加を評価します。
  • 複数のイベントを伴うキャンペーンを提案、期間限定でウィキペディアの特定の種類の記事を対象にします。誰でも世界のどこでも独自のプログラムの主催者になれる上、自分たちのイベントをキャンペーンに登録して参加する他の主催者と共に喜びを分かち合います。個別のイベントの調整者にとって、ダッシュボードの操作はあらゆるウィキのミーティングと同様です。全体キャンペーンの調整役としては、キャンペーンのシリーズに連なるローカルのプログラムそれぞれのイベントの成果を統合し、一括して総合的な指標報告書の作成に用いることができます。
  • 機関の職員1名に従業員の皆さんとウィキメディア事業の連携を管理してもらいます。立場は例えば「招聘ウィキメディアン」あるいはイベントのホストです。機関には長年にわたる情報交換のつながりがあり、ウィキメディアとの提携関係を長期的に捉えています。この事例では、機関の職員1、2名がダッシュボード上で事業に登録し、さまざまな言語版でウィキペディアの記事を100件編集すると、その多くは投稿を辞めてしまう傾向があります。ダッシュボードから半年後に機関に報告書をお送りして、機関の専門家が貢献した記事の閲覧数をお知らせします。機関ではページ閲覧数を、ウィキと同様のダッシュボードを採用するFacebookやTwitter他のコミュニケーション基盤と比較できます。

新規ウィキで自動編集を有効にする

2017年8月より、ウィキ単位でダッシュボードを有効にすると、プログラムの情報をオンウィキで投稿する処理が自動編集で実行できます。処理の範囲に含まれるものとは:

コミュニティの一員として、ダッシュボードの自動編集を有効にするため次の準備をお願いします。

1. コミュニティの合意形成

コミュニティで議論を始め、自動編集を有効にできるよう支持を働きかけます。コミュニティの合意は編集開始の条件です。

議論を始めるには、次の展開例があります。

このウィキで「プログラムとイベントのダッシュボード」を使った編集を有効にする件を提議します。有効にすると、このツール上の研修コースその他のイベントに関連の活動を反映するにはウィキ編集で行えることから、処理は現状の英語版ウィキペディアでウィキ編集ダッシュボードを使っているのと同様になります。

このツールで次のタイプの編集が行われる見込みです。

2. テンプレートの作成

これらテンプレート群の地域化版をすべて作成します(訳注:パラメータ名は英語のまま残します)。

テンプレート名は地域化 (翻訳) の対象ですが、テンプレートに使うパラメータは名称を変更せず英語のままにします。

将来、参照するときに備え、カテゴリは一般を指定すると理想的です。

3. 編集開始の権限を Phabricator のチケットで申請

Assign @Ragesoss (User:Sage (Wiki Ed)), and be sure to include:

Here is an example of a Phabricator ticket.

ニュース、最近の更新

2017-12-08
  • You can create a 'private' program, which can only be seen by that programs facilitators and by dashboard admins. Participant usernames will not appear in the user list for associated campaigns.
  • The downloadable CSV of course stats now includes retention counts, as well as per-wiki breakdowns of edit count, articles edited, and articles created.
  • For the 'ArticleScopedProgram' type, you can now track entire categories, or articles that include a specific template, instead of just tracking 'assigned' articles.
  • Outreachy intern Candela Jiménez Girón has started her project to improve the dashboard for Art+Feminism 2018
2017-12-12
  • If you are enrolled in an editathon, you can run a manual update of the statistics by just clicking in a button from the course actions. This will provide more accurate information of the last revisions that took place.
2017-12-15
  • A new message is displayed in beneath the course activity that informs the user when the last update of those statistics was performed and the average time left for the next update to happen. This will enable the user to be aware that their contributions may not appear as part of the statistics until the next update after the edition happens.
  • When browsing the revisions, only 50 of them will appear listed, together with a "See more" button that will render 50 more if they exist. This will avoid rendering of too much information for the user in the page.
2018-01-05
  • The campaign creator can include a Default Course Type to their campaigns so any course created from the campaign will have a determined type. It is possible to change the type of the specific course afterwards. E.g. All the users of a campaign will be by default "Edit-athons" if the user set it as Default Course Campaign for the campaign.
2018-01-17
  • The campaign creator can set a Default Passcode to a campaign so all the courses created from that campaign will have the same passcode. This passcode can be a specific one, a random one or can be set as no passcode required. It is possible to change the specific course passcode afterwards.
  • The course creator can set different start and end times for the activity and statistics gathering OR for the event that will take place.
2018-02-15
  • The campaign list from the courses is now ordered alphabetically
  • We've updated the OAuth login permissions, which now include permission to create new accounts. We will start testing a feature that uses this permission soon. If you run into any errors, please log out and log in again.
2018-02-16
  • The 'account requests' feature has been enabled. To use it, you must enable it in the 'Available Actions' section of a program you are the facilitator for.
    • A facilitator can generate new Wikipedia accounts from the program 'Editors' tab, so we'll avoid creating too many accounts from the same IP, so Wikipedia blocks the IP for the next accounts creation.
    • A participant can submit a request to create an account from the enroll link. A facilitator can then create it from the dashboard; the password will be emailed to the new editor, and they will automatically be added as a participant.
2018-05-1
  • You can view the "Alerts" for any campaign, including when articles are in danger of deletion. This works currently on English and Portuguese Wikipedias, and can be configured on request for other languages that use similar categories for proposed deletion, speedy deletion, and deletion discussions.
  • Short programs, such as 1-day editathons, now have their own fast update cycle; such programs will typically get stats updates every 5 minutes or so, and stats will automatically be refreshed when the Home tab for the program is open.
2018-06-04
  • On the 'Articles' tab, program organizers can now add multiple 'Available Articles' at once. You can paste in a list of article titles or URLs, and each of them will be added to the list for editors to choose from.
  • On the 'Uploads' tab, the layout has been improved to show larger images, and more at once. Outreachy intern Urvashi Verma is working on further image/media improvements, and we want to hear your ideas.
2018-06-19
  • The 'Article Finder' tool from GSoC intern Pratyush Singhal is live and ready for use. You can access it here, or from the 'Available Articles' section of the Articles tab if you want to use it to build a set of available articles for a program.
  • On the 'Students' tab, you can now see the count of uploads by each user.
  • For wikis that have edits enabled, you can now disable edits for an individual program. In 'Edit Details' mode, change 'Wiki edits enabled' to no.
2018-07-19
  • The 'Uploads' tab has a new switchable layout - Gallery View, List View and Tile View.
    • Under the 'List View', you can now view the credit for each upload.
    • You can also filter the uploads by their uploader.
  • On the 'Students' tab, if you click on the 'Total Uploads' of a user, you can view the uploads made by that user.
2018-10-15
  • For 'Uploads', you can click an image to see more details without leaving the Dashboard, including which pages it's used on and how many views those pages get.
  • The 'Find programs' page has a search feature to find programs by name or institution.
  • Training modules now feature links back to the translatable wiki source pages for easier editing and updates.
  • The 'Structural Completeness' charts that show changes in ORES-based article quality estimates now work for all the languages that have an ORES articlequality model.
  • User profile pages show which training modules a user has completed.
2019-01-10
  • As the first stage of Cressence's Outreachy project, the course creator lets you select a program type at the start of the course creation flow. When creating a program from a campaign, the default program type for that campaign is still maintained.
  • Translation support for training modules is more complete.
  • You can embed the live stats from a program onto a blog or other website.
2019-01-24
  • For wikis that have edits enabled, there are now fine-grained controls for each program to select which types of edits the dashboard makes.
  • Since full approval after a trial period, account creation via the Dashboard can happen through a bot account, removing the need for program organizers to get English Wikipedia account creator rights.
2019-03-05
  • Admins now have notifications for when there are requested accounts waiting for creation, which should cut down on missed requests that don't get handled during events.
2019-07-01
  • The tracked wikis for each program are now shown clearly. You can choose the wikis to track at the time you create a program, and edit them afterwards. Assigned articles are no longer used as a workaround for tracking multiple wikis.
2019-07-02
  • For wikis with an ORES article quality model, the reference counts are now tracked.
2019-08-13
  • Individual articles can now be excluded from tracking. This can be useful for editathons where you wish to exclude unrelated contributions by veteran editors who also participated in the event, and similar situations.
  • For an Article Scoped Program, you can now use a PetScan PSID as the basis for which articles are tracked.

技術開発

土台となるダッシュボードの開発は2015年にWiki Education Foundation(ウィキメディア教育財団=ウィキエデュ)のウェブサイトhttps://dashboard.wikiedu.org/で行われ、対象は独自に支援する授業プログラムに限定されていました。当時は2011年の編集プログラムmw:Extension:Education Programの維持管理コストが高く、その代替ツールとして扱われました。その後、ウィキエデュ外部からツールに関心が集まったため、コミュニティの利用と試用に向け、別のウェブサイトにツールを複写して整えたのです。国際化 (翻訳) とウィキメディア財団(WMF)開発者の手を借りた〈キャンペーン〉方式の導入を経て、2016年6月からウィキエデュはグローバルなコミュニティが使用する「プログラム&イベントダッシュボード」を管理しています。

技術開発の記録は以下を参照してください。

外部リンク