Wikimedia Foundation elections/2021/Candidates/Ravishankar Ayyakkannu/ja

This page is a translated version of the page Wikimedia Foundation elections/2021/Candidates/Ravishankar Ayyakkannu and the translation is 100% complete.

ラビシャンカール・アヤカヌ (ravidreams)

ravidreams (talk meta edits global user summary CA  AE)

候補者の詳細
 
メキシコでの2015年ウィキマニアにおけるRavi
  • 自己紹介:
    • 名前: ラビシャンカール・アヤカヌ
    • 居住地: インド
    • 言語: タミル語、英語
  • 活動:
    • ウィキメディア参加時期: 2005年
    • 活動中のウィキ: タミル語版ウィキペディア、ウィキソース、ウィクショナリー、ウィキデータ、コモンズ
所信表明 (450語以内) 私は2005年に大学院生としてタミル語版ウィキペディアの編集を始めました。それ以来、私は南アジア地域でウィキメディアプロジェクトを成長させるために、コミュニティメンバーとスタッフの両方として幅広く働いてきました。

2016〜18年にウィキメディア財団の戦略的パートナーシップ(アジアおよび東ヨーロッパ)の責任者として、私はプロジェクトタイガーと呼ばれるGoogleが後援するウィキペディアコミュニティエンゲージメントプログラムを設計しました。 3ヶ月という短い期間で。 Googleは、この成功した指導者を、5つの地域の18の言語にわたるProjectGLOWと呼ばれるグローバルプログラムに拡大しました。

私はまた、この地域でウィキペディアゼロプログラムを主導し、アジアと東ヨーロッパの10か国以上で世界中の8億人以上のユーザーにウィキメディアプロジェクトへの無料アクセスを提供しました。

ウィキメディアインドチャプター2014-16のプログラムディレクターとして、タミル語のウィキソースプロジェクトを世界のトップ10プロジェクトに成長させました。 Google OCR APIを使用した自動化、イノベーション、コミュニティ参加により、10,00,000ページ以上を追加しました。 私は、インドの政府機関で公的資金による教育リソースを無料でライセンス供与する傾向を開始し、この目的に向けた政府命令の制定を促進しました。

私は2000の国有化されたタミル語の本をパブリックドメインに持ち込み、タミルナードゥ州政府や他のパートナー組織とのパートナーシップを通じてオンラインでアップロードしました。

2005年以来、ほとんどのタミルウィキメディアプロジェクトのビューロクラットおよび管理者として、私はコミュニティの構築とコミュニティのコンセンサスを備えたポリシーの確立に力を注いできました。

私は無料の知識コミュニティを構築することを楽しみ、ほとんどのインドの言語コミュニティメンバーの喜びを味わいました。 私は、10年目に初めてのタミル語版ウィキペディア会議と2016年に5年のギャップを経て2回目のウィキ会議インドを開催する上で重要な役割を果たしました。

インドやネパール、バングラデシュ、スリランカなどの近隣諸国のほとんどのウィキメディアコミュニティや組織と協力してきた私は、グローバルサウスのコミュニティの願望とニーズを正しく理解しています。

ウィキメディア運動以外では、私はタミル語での自由な知識の成長をオンラインで促進するための道具と倉庫の構築に取り組んでいるカニヤム財団の創設メンバーおよびアドバイザーです。

また、タミル語のコンピューティング標準の確立を提唱する非営利団体であるタミル語の国際情報技術フォーラムの総評議員も務めました。

また、Creative Commons、WordPress、Ubuntuなどの他の多くのオープンソース運動にも参加しています。

理事会メンバーに選出された場合、私は南北問題のコミュニティの声が確実に聞こえるように努め、地域の自由な知識のギャップを修正するために適切な資源が割り当てらるようにします。

理事会の上位三優先事項 1.理事会がコミュニティの精神とそのすべての活動における運動を反映していることを確認します。

2.理事会が運動戦略の実施を首尾よく監督していることを確認します。

3.理事会がグローバルサウスの願望とニーズを認識していることを確認します。

ウィキメディア運動戦略の上位三優先事項 1.ユーザーの経験を向上

2.フリーな知識における発明

3. 意思決定における平等性の確保

確認 完了した確認作業
立候補資格:   確認済み
確認者: Matanya (talk) 21:13, 1 July 2021 (UTC)
身分証明:   確認済み
確認者: Joe Sutherland (Wikimedia Foundation) (talk) 01:01, 30 June 2021 (UTC)
理事評価フォーム
理事評価フォーム
経験年数
<1 1–2 2–5 5–10 10+

ウィキメディアにおける経験 候補者には、ウィキメディア運動への献身的な貢献者であることが求められます。要件を満たす貢献には以下を含みます:ウィキメディア・プロジェクトへの貢献、ウィキメディア財団や提携団体の構成員であること、ウィキメディア運動の取りまとめ役としての活動、もしくはウィキメディア運動の協力組織への参加。

ほとんどのタミルウィキメディアプロジェクトでビューロクラットおよびシスオペとして15年以上務めています。 私はウィキデータとコモンズにも幅広く貢献してきました。

理事としての経験 候補者が、全国的もしくは世界的な組織(非営利、営利、もしくは政府)において理事や取締役などを務めたことがあるか。

なし

役員経験 候補者が、規模、複雑性、活動範囲においてウィキメディア財団に匹敵するかそれを上回る規模の組織、部門もしくはプロジェクトにおいて役員を務めたことがあるか。

ウィキメディアインド支部(2014-16)のプログラムディレクターおよびウィキメディア財団(2016-18)で戦略的パートナーシップ(アジアおよび東ヨーロッパ)の責任者を務めました。

内容領域専門性 候補者が、ウィキメディア財団と理事会の活動に関連する分野において働いたか、もしくはかなりのボランティア活動を行ったことがあるか。これらの分野は毎年決定され、グローバル運動の構築やコミュニティの組織化、企業レベルのプラットフォーム技術と製品の開発、公共政策と法律、知識分野(例:学術/GLAM/教育)、人権と社会正義、オープンインターネット/フリー・オープンソースソフトウェア、組織戦略と運営、財務と財務監督、非営利の資金調達、人材管理、理事会のガバナンスのような分野を含みます。

はい

‎公共政策‎

私は、インドの政府機関で公的資金による教育資源を無料でライセンス供与する動向を開始し、この目的に向けた政令の制定を促進しました。

私は2000の国有化されたタミル語の本をパブリックドメインに持ち込み、タミルナードゥ州政府や他のパートナー組織とのパートナーシップを通じてオンラインでアップロードしました。

私は、オンラインでタミル語で自由な知識の成長を促進するための道具と倉庫の構築に取り組んでいるKaniyamFoundationの創設メンバーおよびアドバイザーです。

また、タミル語のコンピューティング標準の確立を提唱する非営利団体であるタミル語の国際情報技術フォーラムの総評議員も務めました。

多様性:経歴 候補者が、権力構造の中で歴史的差別や低代表に直面してきた集団に属しているか、属していたか(例えば、性、人種、民族、障害、LGBTQ+、社会階級、経済的地位、もしくはカースト)

はい

私はインド憲法の分類によると後進階級に属しています。 後進階級は、彼らの社会的および教育的後進性を考慮して、教育および仕事においてインド政府によって積極的な行動を与えられます。 私の両親は農民です。 私は学校教育のために毎日22kmをサイクリングし、大学入学前の教育を受けるためにバスで毎日70kmを移動しました。

多様性:地理的 候補者が地理的な居住地域に基づき、理事会の全体的な地理的多様性に貢献するか。

はい

私はグローバルサウス地域に属するインド市民であり、通常、ウィキメディア運動を含むすべての世界運動ではあまり代表されていません。

多様性:言語 候補者が、英語以外の言語のネイティブスピーカーであるか。

はい

私はタミル語のネイティブスピーカーです。 話者数で世界トップ20の言語の1つです。 インド、シンガポール、スリランカの公用語です。

多様性:政治システムの経験 候補者に、非民主的・検閲国家・抑圧的な状況において長く居住もしくは就労した経験があるか。

はい

インドは142の世界報道自由度ランキングにランクされており、すべてのソーシャルメディアプラットフォームはインド政府からの監視の高まりに直面しています。 私は、新教育政策のような、与党政府の政策の多くに対して目に見えて非常に声を上げてきました。