歴史遺産のレンズ

This page is a translated version of the page Heritage Lens and the translation is 64% complete.
Outdated translations are marked like this.
歴史遺産のレンズ
デーオバンド・コミュニティ利用者グループ

歴史遺産のレンズとはデーオバンド・コミュニティ利用者グループの取り組み(イニシアティブ)の一つで、ムスリムの遺産をウィキメディアのプロジェウト群に表現しようとしています(※=Heritage Lens)。この呼び名はMunazza Anjumの発案で(DCWのクリエイティブ責任者)、新規プログラムとして一連の初回は公式にインドのデーオバンド内部と周辺で実施、時期は2023年7月23日–25日でした。この取り組みは2023年2月に発効したDCWの戦略の勧告に呼応しています。

背景と計画

この歴史遺産のレンズというプログラムは、2023年2月以降の戦略的な勧告事項※1ならびにボーパール写真イベントのプログラム実施※2から得た学びに根ざして発想したものです。("※":1=strategic recommendations。2=Bhopal Photo Event。)

連続実施の当プログラムは、その回ごとに研修セッションを実施する決まりです。この研修シリーズの名付け親に当たる$userは「創造性のエンパワメント」と呼び、初回には「ウィキメディア・コモンズ入門」※1、「著作権帰属の重要性」※2、「風景の自由」※3を講習しました(※:1=Basics of Wikimedia Commons。2=Copyright Attribution Significance。3=Freedom of Panorama。)

プログラムの繰り返し

共同作業