ウィキメディア財団最高経営責任者兼事務長/Maryanaのリスニングツアー

This page is a translated version of the page Wikimedia Foundation Chief Executive Officer/Maryana’s Listening Tour and the translation is 65% complete.


優先順位とパズル | 聴き取りツアーの反省
Maryana Iskander.jpg

皆さん、こんにちは、

4カ月前の今日、ウィキメディア財団の次期CEOとして自己紹介をしました。この最初の手紙から2週間後、私は2カ月間のリスニングツアーを始めました。3つのこと達成しました。(1) 人と話す - 55カ国275人の人と話しました。 (2) 地域のイベントに参加する - 750人以上のボランティアを集めた世界各地の地域主催の17のイベントにバーチャルで参加しました。要約はリスニングツアーの統計ページでご覧ください。以下の引用はこのときの会話からです。

直接連絡をくれた人たちとは、ウィキ上でもウィキ外でも関わりました。また、普段はあまり大きな声を出さないような人たちにも声をかけました。私たちのビジョン、ミッション、インパクト、戦略、そして私たちと世界との関わり方について質問しました。私たち自身の意見だけでなく、証拠や研究、データからの知見を尋ねました。私たちの現在の仕事のやり方、それが過去によってどのように形成されてきたか、そしてそれが未来にとって何を意味するのかを深く理解しようと努めました。そして、プロジェクトやコミュニティに貢献するために、何が人々を動かすのか、そのストーリーに耳を傾けることに喜びを感じました。

数百回の会話を経ました。ウィキメディア財団のCEOとしての最初の6ヶ月間の優先事項を形成する5つの「パズル」を皆さんと共有したいと思います。確かに、私はまだすべてを学んだわけではありませんし、すべての人と話をしたわけでもありません。しかし、私がこれまでに聞いたことを「パズル」と表現することにしたのは、野心的な抱負を達成し、複雑な課題に取り組むためには、集団的な創意工夫と問題解決の共有が必要とされるからです。

Read more →