ウィキアナキズム

This page is a translated version of the page Wikianarchism and the translation is 73% complete.
Other languages:
コミュニティ
反ウィキ
衝突駆動視点
似非コミュニティ
ウィキ文化
ウィキ心
ウィキ過程
The wiki way
ウィキ進化論
権力構造
ウィキ無政府主義
ウィキ官僚主義
ウィキ民主主義
ウィキ民主政治
ウィキ独裁主義
ウィキ連邦主義
ウィキ階級主義
ウィキ実力主義
ウィキ衆愚政治
ウィキ個人主義
ウィキ寡頭主義
ウィキ金権政治
ウィキ共和主義
ウィキ懐疑主義
ウィキ技術政治
共同作業
反派閥主義
派閥主義
社交
外部百科主義
内外中庸百科主義
メタ百科主義
全体的なコンテンツの構造
文書参照主義
反文書参照主義
分類主義
構造主義
百科事典の規格
削除主義
削包中庸主義
排除主義
包摂主義
明解主義
情報価値
本質主義
漸進主義
記事の規模
統合主義
分割主義
正確さ水準
到達主義
即座主義
その他
反超ウィキペディア主義
メディアウィキ主義
新削除主義
超ウィキペディア主義
分散ウィキ主義
ウィキ分離主義
転送主義

ウィキアナキズム(またはウィキ無政府主義)とは、一部のウィキペディアンによって提唱された、管理者以外の利用者に対するすべての制限を緩和すべきであるという提案に与えられた(しばしばパロディとしての)主張。

また、ウィキアナキズムを提唱するウィキペディアンを表す言葉として、ウィキアナキストという言葉が使われることがある。

ウィキアナキーとは、ウィキペディア(および関連するウィキメディア・プロジェクト)が推進する社会組織の仕組みを意味する。

良い点

基本的にウィキアナキーは集団的ではあるが無秩序な自己組織化の形態であり、多くの個人の努力に基づいています。恐らく特定の関心事に焦点を当てた小さなグループが独自の目標を持って並行しながら競合して努力を重ねる可能性があり、共存しながらも方向性が分かれることで中立的な観点という目標を維持するための有効な方法として合意に基づく必要はない。

この開放性の目標を達成するために、より幅広い選択肢が選べて誰でも簡単に拡張できるが、必ずしも最初にグローバルな共通の利益やその発案者から個人的な名声を得る意図を発展することではなく、すべての人に採用または拒否させることができる。個々の視点の全体的または部分的、さらには他の人との事前の合意なしにいつでも考えと目標を変えることを可能にする。(つまり、ポリシーとガイドラインのような強制力のあるルールや技術的な制限によって必要とされる厳格なものを最小限に縮小し、評価が困難な品質の目標や要求される形式や表現などの表面的な目標さえも排除する)。

利用者間の協力はもはや目標ではなく、単なる可能性に過ぎない。個々の利用者の実力が可能性の面で有利になるようなことはあってはならない。有効期限が限定された取り組みは計画されるべきではなく、自分で始めた取り組みには個人的な関与は必要ない。コミュニティでの投票は不要であるだけでなく、完全に無視され誰に対しても強制力のある効果を持たないものとする。

悪い点

この方法の大きな欠点は、真のウィキアナキーでは誰もが集合的なリソースを無制限に使用することができ、それらのリソースにはコストがなく無制限であることを考慮すると好きなように浪費することさえできるということです。これはすべての参加者が善意を持ち、他の人を助けようとしたり、他の人から助けてもらおうとすれば機能します。つまり、他の参加者を尊重することで自分の権限を利用して尊敬を集めることができるのです。そうでなければ、Wikiはただの廃棄物処理場となり、何もリサイクルされず、気づいたらすべてのリソースが使われ遊び場は誰にとっても使い物にならなくなってしまう。

このような無秩序なシステムでは、各参加者が自分の廃棄物を掃除してリサイクルしたり、頻繁にレビューしたりすることが必要になるかもしれない上、プロジェクトがすべてのコンテンツを自動的に掃除して、最も長い間使われていない創作物から始めなければならなくなるかもしれない。保存すべきものを選択するための品質基準が全くないため、コンテンツを長期的に保存することは不可能になる。

But the total absense of moderation would rapidly create a system overwhelmed by automated posts filling up the collective spaces with junk data, and using lot of resources on servers, so the response time would rapidly degrade for every one (even if a maximum usage of resources per participant is set), or the system would simply crash.

Wikis would then be forced to become only collections of short-lived isolated sandboxes, without any stable links between each other: all participants would be isolated in their own personal sandbox (suppressing all collective spaces), any interaction between users would become impossible (including talks), cooperation between participants would then become almost impossible (except for instant messaging), and every contribution made for personal use only would also be rapidly forgotten, for lack of storage space.

Wikis would no longer be wikis (just a set of strange single-user chatrooms, with a complex syntax that no one would use for their personal use). And who would ever want to finance and maintain the servers online just to allow others to waste instantly want was donated, if there's no benefit returned to any one, and no possibility to get help from others? All servers would be turned off. The service would disappear totally, completely forgotten just like all their contents which were never hosted reliably, except for very short time.

See Association of Anarchist Wikipedians.