コミュニケーション/音声ロゴ

This page is a translated version of the page Communications/Sound Logo and the translation is 89% complete.
翻訳にご協力願えますか?未訳のメッセージを翻訳してください。
音声ロゴ

ヘイ、コンピュータ。人間の知識ってどんな音がするの?

最近では、コンピュータやスマート機器に声で質問を入力すると調べたいことを尋ねることができ、大手の検索エンジンはしばしばウィキメディアのプロジェクト群に検索をかけて答えを見つけようとします。ウィキメディアのコンテンツに音声ロゴという目印がないと、一般の人にはその知識がウィキメディアから来た物だ、信頼性の高い情報源に答えが載っていたとはわからないままになります。ウィキメディア財団は視覚的なロゴのコンテストから受け継ぎ、また音声ロゴや音声製品に関する素晴らしい提携先を複数、新たに得たことをきっかけに、グローバルなコンテストを主催することになりました。今回はウィキメディアで使える音声ロゴをテーマとしたいので、ぜひ皆さんのご意見ご提案を聞かせてください。

サウンドラボ (sound lab)ではテーマや音声をキュレーションしてあり、皆さんに実験に使ったり発想のヒントを得たりしてもらえたらと期待しています。どうぞたっぷり聴いてください。

詳細は財団公式ブログ「ディフ」Diff の連載をご参照ください。

ウィキメディア主催の「すべての人知の音」コンテストに向け、マッシブミュージックが音声ロゴ作成と録音実習のマスタークラスを開講(The Sound of All Human Knowledge。MassiveMusic。)

音楽制作のクリニック開催

If you want to learn more about 音声ロゴについて詳しく知りたい人、応募したいけど困っていることがある人、あるいはすごいアイデアがあるんだけどキャプチャする方法がわからない人なども、技術面で提携してくれるマッシブミュージック MassiveMusic とも話せる会話の時間にぜひ参加してください。開催日時は9月29日 15:00-16:00 UTC。参加登録はウィキメディアの利用者名を使い直接、ズームZoom で登録するか、または以下の欄に利用者名を記入してください。 ビデオ会議のリンクは、「この利用者にメールする」機能でお送りする予定です。質問は事前に受け付けており、皆さんのニーズを反映した会議にしたいと考えています。

クリニック参加申し込み Sign Up


クリニックで聴きたい質問を投稿

  • Can I use licensed sounds that I paid for and downloaded? (for instance: "Pro Sound Effects - Cinematic Winds")

質問を追加

日程

コンテストの暫定の日程は以下のとおりです。ロゴコンテストが進展してもこの日程で進む予定ですが、 ニーズによっては変更するかもしれません。

10月 2021 – 2月 2022 2022年3月 – 4月 2021年5月 – 6月 7月 2022 8月 2022 9月 2022 10月 2022 11月 2022 12月 2022 2023年始め
第1段階:背景となるアウトリーチと協議 プロジェクトチームの準備 第2段階:コミュニティ対象のアウトリーチと協議 会話やご意見ご指摘を反映しコンテストを企画設計 ウィキマニア期間に実施する音声ロゴ関連のイベント 第3段階:コンテスト実施 応募作の予選、投票 投票期間 投票期間 開票結果
コミュニティ主催のイベント、当初の範囲設定の話し合い リンク コンテスト企画設計をコミュニティと協議 コンテスト企画の完了 公式サイトのデザイン、作品受付の準備として、連絡係のチーム発足、審査チーム、選定委員会の立ち上げ グローバルなコンテスト「すべての人知の音」を開始 The Sound of All Human Knowledge コンテストが終了、この時点で著作権の一次審査、選定委員会が予選通過作品をまとめる 現時点で11月29日開始の予定 ウィキメディア コモンズで投票受付を終了 ウィキメディアの音声ロゴ即ちThe Sound of All Human Knowledgeを全世界に発信

担当チーム

発案者はLena TraerMathoto MatsetelaTas Eliasで所属はウィキメディア財団のブランドスタジオ部門です。プロジェクト立ち上げ時期のコミュニティとの連絡役はVictor Grigas。コンテストの広報と参加呼びかけはArupakoCalliandraDysanthaErinaJon KolbertMuhammed。運動連絡広報部門からKelsi Stine-RoweMehrdad Pourzaki。この陣容でウィキメディアの音声ロゴのグローバルコンテストを率いて支援します。

コミュニティとの協議

 
発表に使ったスライド集 – 音声ロゴに関してコミュニティと協議 2022年5月
ウィキメディア音声ロゴ オンライン 会議、2022年5月27日金曜日

ウィキメディア音声ロゴコンテストの第2期には、コンテストの企画案に対するコミュニティとの対話を含みました (発表したスライドはこちら。)5月27日と6月2日の合計2回催し、5月27日の録画はこちらをご参照ください。発表(プレゼン)では TED の音声ロゴを解剖して 音声ソフトオーダシー Audacity の使い方や録音技術の基本を説明し、コンテスト企画書の下書き、それをどう広げたか述べ、質疑応答に入りました。

詳細はこちら

第1期 コミュニティとつながる

下記の表には、当プロジェクトのトークページ以外でウィキメディアンの皆さんと出会う場所を - 開催予定から終了分 まで - まとめてあり、音声ロゴのプロジェクトを主題に話し合います。もし皆さん主催のイベントで、あるいは皆さんが開くバーチャルの会議で当チームから話を聞きたいなどのご要望があれば、ぜひメールにてsoundlogo wikimedia.org 宛に打診をお願いします。必要に応じて通訳の手配はこちらでしますので、 英語以外の話者のグループもご相談ください。

グループもしくは会議の名称 概要 イベントのメモ
ウィキアラビア - カンファレンス円卓会議, 15 10月 2021 Tas and Samir from the Brand Studio and Kelsi from Movement Communications connected with approximately 25 volunteers as part of a Sound Logo Roundtable at WikiArabia 2021. Tas presented an introduction to exploring a Sound Logo for Wikimedia content, which had no engagement in the public chat and no questions asked on the call but those in attendance were informed of the opportunity. イベントのリンクおよびメモをご参照ください
ウィキメディア提携団体戦略ネットワーク - 発表と質疑応答, 31 10月 2021 (both meetings) Kelsi from the sound logo team connected with approximately 30 volunteers from across the movement at the first October 2021 SWAN meetings. The idea of a sound logo was received with general positivity, and including asked questions about trademarking, use by volunteers, and whether the sound logo could contain words. Volunteers also demonstrated excitement for the upcoming sound logo contest by sharing logo ideas in the side chat.

At the second SWAN meeting held on October 31 18:30 UTC the Brand Studio team (represented by Mathoto, Zack and Samir) connected with approximately 40 volunteers. The Brand Studio team thanked nominated community advisors who helped guide the next steps for brand work which includes plans to expand flexible naming options, a single community pilot, update the existing brand guidelines portal on meta and the sound logo exploration. Attendees celebrated the positive impact the color letter had on the movement and were generally pleased to see brand projects being initiated to support the movement again on a surer basis. There was also positive interest and helpful suggestions for the sound logo project particularly around it requiring clear usage guidelines.

イベントのリンクおよびメモをご参照ください
コミュニケーション委員会、2021年10月26日 Mathoto, Tas and Lena from the sound logo team joined the Communications Committee monthly meeting held on October 26, 2021 (9 community members in attendance). Mathoto shared an overview of brand next steps and presented the idea of the sound logo exploration. We received helpful suggestions around framing of the project idea and inspiration for the sound logo contest.
ウィキインダバ ウィキインダバ - カンファレンス円卓会議, 04 11月 2021 The brand studio team hosted a WMF Communications Department Roundtable at Wiki Indaba 2021. Mathoto shared an overview of brand next steps focussing on how the Foundation will update the existing Wikimedia brand guidelines portal on meta and Tas shared information on the Sound Logo project. The Sound Logo did not elicit any notable response as many of the commenters wanted to know more about brand guidelines updates and training planned for next year. 詳細情報はイベントのリンク おとび開催回のメモをご参照ください。
Wikimedia CEE Online Meeting - Conference Roundtable, 06 11月 2021 商標スタジオチーム(Mathoto、Tas、Samir)では中央および東ヨーロッパ(CEE)オンライン会議の議事の一つとして、コミュニケーション部門の円卓会議の場でこの地域のボランティアおよそ30人に連絡を取りました。Mathoto から、理事会が承認したブランド作業の復習を、Tas からはウィキメディアの音声ロゴの紹介とその可能性を、Samir はこの事業は既存のウィキメディアのブランド取り扱いの基礎固めであり更新だと述べました。音声ロゴという発案はおおむね肯定的に受け止められました。音声に関する創造性に満ちたアイデアや既存の使用事例の紹介(Spoken Wikipedia やWikiQR)、新しい使用方法(ウィキメディアのコンテンツに動く視聴覚素材をつける)など複数のコミュニティとのやり取りがありました。 プログラム録音を検索。

フランス語話者ウィキコンベンションWikiConvention Francophone - 円卓会議, 20 11月 2021

サウンドロゴ班の Tas と Kelsi によるサウンドロゴの新プロジェクト発表。聴衆およそ50名を前に、フランス語話者ウィキコンベンションにて開催(WikiConvention Francophone)。参加者の反応はおおむね肯定的で、音声ロゴには動画のロゴが連動するのか、少数言語にはどこまで対応できるか、言語は発音として載せるのか文字か、音声ロゴはそもそも言語に中立かなど、質問が集まりました。 イベントのリンク開催回のメモを探してみてください。

面白そうなプロジェクトですか?

コンテストの詳細を配信しますので、関心のある人はご自分の名前を書いてください。

ご自分の署名を追加してください

脚注