反派閥主義

This page is a translated version of the page Antifactionalism and the translation is 33% complete.
Other languages:
コミュニティ
反ウィキ
衝突駆動視点
似非コミュニティ
ウィキ文化
ウィキ心
ウィキ過程
The wiki way
ウィキ進化論
権力構造
ウィキ無政府主義
ウィキ官僚主義
ウィキ民主主義
ウィキ民主政治
ウィキ独裁主義
ウィキ連邦主義
ウィキ階級主義
ウィキ実力主義
ウィキ衆愚政治
ウィキ個人主義
ウィキ寡頭主義
ウィキ金権政治
ウィキ共和主義
ウィキ懐疑主義
ウィキ技術政治
共同作業
反派閥主義
派閥主義
社交
外部百科主義
内外中庸百科主義
メタ百科主義
全体的なコンテンツの構造
文書参照主義
反文書参照主義
分類主義
構造主義
百科事典の規格
削除主義
削包中庸主義
排除主義
包摂主義
明解主義
情報価値
本質主義
漸進主義
記事の規模
統合主義
分割主義
正確さ水準
到達主義
即座主義
その他
反超ウィキペディア主義
メディアウィキ主義
新削除主義
超ウィキペディア主義
分散ウィキ主義
ウィキ分離主義
転送主義

Antifactionalism is an aspect of community and is built upon the principles that people share and intermingle. Antifactionalism specifies a transitional period in which the editors would form a Inclusionism community. After some collaboration, the forceful use of editor's power against its enemies during the passage from Antifactionalism to Eventualism is needed to seize articles from the Factionalism minorities.

Antifactionalism serves the purpose of cooperation, harmony, Wikifaith, and Wikilove. Its key ideas are a belief in equality, both editors and admins, and lie in opposition to factionalism. An elite, which practices factionalism, always fails to serve the proletariat reader, who should be given all the facts and data - thus only a robust community can include all possible views and democratic centralism can be brought to bear.